ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

バンドやろうぜ!

バンドやろうぜ!

Aniplex Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

AGF2017『バンドやろうぜ!』』2ndアルバム「デュエル・ギグ!vol.2」発売記念ステージイベント【イベントレポート】

※本記事のスクリーンショットなどの無断転載を固く禁じます

 

2017年11月3日から4日に行われた『アニメイトガールズフェスティバル2017』。昨年に引き続きブース出展されていた『バンドやろうぜ!』が、11月3日、噴水広場ステージにてミニライブ&トークイベントを行いました。今回はそちらの模様をレポートいたします。

 

 

「デュエル・ギグ!vol.2」発売記念ミニライブ&トークイベント

■開催日時
2017年11月3日(金・祝)
■開催場所
池袋サンシャインシティ 噴水広場ステージ
■イベント内容
ミニライブ&トーク
■出演者
小林正典さん(OSIRIS 高良京役)
足立和紀さん(『バンドやろうぜ!』プロデューサー)

 


ゲームのテーマ、そしてライブのオープニングでもすっかりお馴染みとなった「Sure Shot」に乗って、足立プロデューサーとOSIRISヴォーカル・高良京役の小林正典さんが登場。足立Pがさっそく「みんな、バンドやってるかーい!」と会場をあたためます。

 

 

司会から「みなさん、『デュエル・ギグ!vol.2』はもう聴いていただけましたか?」と質問されると、会場から大きな拍手が上がります。今回のトークでは、聞いたあとにCDの印象が変わるかも?などと気になる発言もありつつ、トークコーナーがスタート。まずは、今回の2ndアルバム発売についての感想から伺います。

 

小林さん
「素直にうれしく思うと同時に、ボイスドラマやいろいろな楽曲が入っている盛りだくさんな内容のものがようやく出たということで、ほっとしています」

 

▲小林正典さん

 

足立P
「4バンドそれぞれ収録したのはけっこう前、ゲーム内で実装されたのも少し前なのですが、こうしてCDという形であらためてみなさまのもとにお届けできて、ひとつ肩の荷がおりたという気持ちでおります」

 

▲足立和紀プロデューサー

 

今回はアルバムについて様々なお話を聞いてみたいということで、テーマに沿ってトークを進めていくことに。

 

 

トークテーマ1:『デュエル・ギグ!Vol.2』のココを聴いてくれ!【楽曲編】

足立P
「ゲームをプレイされている方はご存知かと思いますが、『バンやろ』をプレイしてそれぞれのバンドのシナリオを進めていくと、いろいろな思いやできごとを経て(ゲームの中の)彼らが作った曲をプレイできるようになります。そんな中、今回のアルバムに収録された4バンド各2曲にはそれぞれ共通項があって、ひとつは「自分たちの新たな挑戦」として作った曲。それから、大きなくくりでいうところの「ラブソング」。誰かのために書いた曲、というものが収録されています」

 

小林さん
「OSIRISの楽曲に関しては普段激しいものが多い中、今回は比較的スローテンポな2曲が収録されています。いま足立さんのお話を伺って、ほかのバンドも物語に沿いつつ、そういう流れで作られていたんだなと思いました」

 

優劣はつけがたいと思いますが、思い入れのある曲は?と司会の方に聞かれると、

 

小林さん
「そうだなあ……まだインタビューなどではお話していなかったんですが、『Way of Light』は仮タイトルが“メリーゴーランド”と呼ばれてました(笑)。曲が発表される直前まで“メリゴ”と呼んでいたのが“Way of”と呼ぶようになったのですが、この曲のメリーゴーランド感は……まあ、歌詞にもバッチリ入っていますしね(笑)」

 

と、思い出を語ってくださいました。続いては制作時のエピソードへ。

 

 

小林さん
「今回収録されている曲で言うと、『Way of Light』、『Cross Wish』、(限定版収録の)『Heavenly Breeze』『モノクロのキス』の順番でレコーディングしました」

 

足立P
「『Way of Light』と『Cross Wish』は約2年前、ゲームリリース前にすでにレコーディングを終えていましたね。ホワイトデーイベント楽曲だった『Heavenly Breeze』はリリースの翌年の年明け(2017年)、シドさんのカバーである『モノクロのキス』は5月の実装直前にレコーディングをしました。あの頃から制作のスケジュール感がだいぶ……(笑)」

 

小林さん
「(レコーディングしてから)そんなに早く出るの?って(笑)。ぶっちゃけイベント楽曲ってそんな感じですよね(笑)」

 

足立P
「小林くんが『レコーディングなう』ってTwitterでつぶやいたら、その一ヶ月後くらいにはリリースされたりしてますね(笑)」

 

続いてもうひとつ裏話として、これまでで一番大変だった曲は?との質問が。

 

小林さん
「(即答で)それは『Heavenly Breeze』じゃないですか(笑)。足立さんはじめ、みんななに考えてんのかな?って思ったのが正直なところです(笑)」

 

足立P
「この曲は『バンやろ』の中でも屈指の名バラードなんですが、とにかく(音域が)高くて」

 

するとここで足立Pが、言葉で説明するより早いと“生Breezeして!”と無茶振りを。それに応えてサビの高音を披露した小林さんに、会場から大きな拍手が上がりました。

 

 

 

トークテーマ2:『デュエル・ギグ!Vol.2』のココを聴いてくれ!【ボイスドラマ編】

足立P
「Vol.1でもそうだったんですが、各バンドメンバーシャッフルした組み合わせで制作しています。前回はニコ生放送中のガチ抽選で行ったのですが、実際やってみたら偏りすぎて(笑)逆にすごく難しくなってしまったので、今回は書いてみたいストーリーや見てみたい組み合わせというところで決めていきました」

 

小林さん
「自分の出演しているドラマ(京・宗介・一真・ユキホ『訣別のConfession』)について最初に思ったのは、『京、ここに必要かな?』って(笑)。でも一真のたっての願いだったので……」

 

そして、ドラマレコーディング時のエピソードは……

 

小林さん
「個人的な一番のこだわりは、途中で京が大きく叫ぶところです(会場笑)。いただいた脚本では、ただ「あー!」と書いてあったんですが、京だったらシャウトかな……と(笑)。誰の指示もなかったんですが、勝手に入れさせていただきました(笑)」

 

ここでまたしても司会から“生シャウトを!”とのリクエストに応え、ビブラートたっぷりのシャウトを披露。会場が大きな拍手に包まれました。また、今回のドラマでの京はサブ的な立ち位置なので、行く末を見守っていただければ……とのことでした。

 

 

ゲームギフト独占!足立Pが語る『デュエル・ギグ!Vol.2』特別インタビュー

※本インタビューでは、今後ボイスドラマで聴いてみたい組み合わせなどのアンケートも行っております。プロデューサーに直接ご意見をお届けするチャンス!ぜひご覧ください。

インタビューはこちら

 

 

 

トークテーマ3:リアルライブ活動について

続いてのトークはOSIRISのリアルライブ活動について。会場のスクリーンには、11月1日にZepp Divercity Tokyoにて行われたツアーファイナル公演の模様が映し出されます。

 


 

小林さん
「(ステージに立っていて)すごい景色だな、いますごいところに立っているんだなと思いました。でも歌っていてすごく楽しかったです。ライブでも言いましたが、これからもっともっとさらに上に行きたいなと思っています」

 

 
会場に映し出される白熱のライブの様子やメンバーの勇姿に、会場からも歓声が上がります。ここで司会からステージのセットについて話を振られた小林さん、「両脇のこれはメンバー……じゃなくて十字架です(笑)」と言い直し、会場から笑いが起こっていました。ちなみに今回のファイナルでの十字架のセットは、実際に会場入りして初めてご覧になって驚いたとのこと。

 

このような大舞台では、というよりいつもステージの前はとても緊張するという小林さんですが、演奏が始まると「歌を聴いてくれ!」とスイッチが入るとの心情もお話してくださいました。

 

そして今回の“Re:incarnation”ツアーは追加公演として11月26日に沖縄でライブが行われることが決定。どんな内容にするか皆で話しあっているところだということ、そして12月には初のファンミーティングも決定したとの告知が。

 

さらに2018年春には次のツアーが決定。ツアータイトルである『The Encorage Flag of Megiddo』は、実は“Encorage”が造語であることが足立Pから語られました。また、「このツアータイトルはすごい意味を持っている(小林さん)」とのことですので、来年の春をぜひ楽しみにしていただきたいと思います!

※各公演についての詳細は記事下部をご確認ください

 

 

リアルバンドOSIRIS“Re:incarnation”ツアーファイナルライブレポート

※11月1日にZepp Divercity Tokyoにて行われたツアーファイナルの模様はこちら

ライブレポートはこちら

 

 

小林正典さんミニライブ

イベント後半は、いよいよ小林さんによるミニライブです。噴水広場は大きな吹き抜けになっており、1階だけでなく2階・3階にもたくさんの観覧者が。

 

 

小林さん

「普段はバンドメンバーを背中に、その前に立っているので後ろがいないのが少し寂しいんですけど……今日はいつもと少し違ってじっくり聴ける曲なので、楽しんでいただけたらと思います」

 

そう語った後、トークやMCの時の笑顔からふっとスイッチを切り替えます。

 

 

今回披露されたのは「Cross Wish」と「Way of Light」。思いを込めるように、そして時に微笑みを見せながら歌い上げる小林さん。その伸びやかな歌声に、会場中の人々が聴き入っていました。

 

 
ライブの終了後は抽選で選ばれたみなさんとのハイタッチ会が行われました。小林さんは集まったお客さまに何度も手を振りながらステージを後にし、イベントは終了となりました。

 


Text by たまお

 

2018年春 OSIRISワンマンライブ開催決定!!

『The Encorage Flag of Megiddo』

2018年4月13日(金)大阪・なんばHatch

2018年4月20日(金)東京・Zepp Tokyo

 

※詳細はこちらをご確認ください

 

 

OSIRIS 2017年秋全国ツアー“Re:incarnation”追加公演


11月26日(日) 沖縄 桜坂セントラル

※詳細はこちらをご確認ください

 

 

OSIRIS初のファンミーティング決定!

日程:2017年12月29日(金)・1部15:00開場/15:30開演 2部19:00開場/19:30開演
開場:下北沢GARDEN
※詳細はこちらをご確認ください
 

 

梅田Zeela 4th ANNIVERSARY出演決定!

日時/会場:11月22日(水) 梅田Zeela

出演:OSIRIS/Pulse Factory

※詳細はこちらをご確認ください

 

 

記事をTwitterでシェアする

過去のライブレポなど記事一覧はこちら

『バンやろ』ファンページTOPはこちら

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© BANYARO PROJECT All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。