ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前登録、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE

KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE

avex pictures Inc.

iOS

Android

舞台『KING OF PRISM -Over the Sunshine!-』【レポート】

 

たまおです。
『キンプリ』こと『KING OF PRISM』。ゲームやアニメなどがお好きな女性の皆さんならすでによくご存知かと思います。本コンテンツは2016年に映画として公開され、“応援上映”という新しいエンタメの楽しみ方を生み出し、大ヒットしたことでも話題となりました。

 

そんな『キンプリ』がこのたび舞台として登場、しかも映画版と同様、鑑賞中の声援などがOKという応援“上演”に挑戦するとのこと。今回は11月8日に開幕した東京公演に先駆けて行われた合同インタビューと公開ゲネプロに参加させていただきましたので、そちらについてお伝えしていきたいと思います。いつものように個人的な感想でお送りいたしますが、記事をご覧いただく際は下記のご注意をご確認いただきますようお願いいたします。

 

ご注意

記事のスクリーンショットの拡散や無断転載はご遠慮ください。必ず当ページのURLを載せていただくか、記事の下部にあるシェアボタンをご利用いただければ幸いです。

 

ネタバレ配慮しておりますが、公演中の舞台写真を掲載しております。観覧前に情報を入れたくない、などの方は十分ご注意くださいますようお願いいたします。

 

 

 

 

舞台『KING OF PRISM -Over the Sunshine!-』

 

思えば私個人が初めて応援上映の劇場版キンプリを観た時は、びっくりしすぎて、そして楽しすぎて思わずもう一回観に行ったものでした。『鑑賞』というよりも『体験』という言葉がふさわしい、その時の衝撃はいまでも忘れられません。

 

今回の舞台は、そんな劇場版2作を原作としております。脚本は劇場版に引き続き青葉譲氏、演出は『あんさんぶるスターズ・オン・ステージ』『弱虫ペダル』でも話題の宇治川まさなり氏。ということで期待がふくらみますが……

 

 

いやもう、『期待以上』などという言葉では言い表せないほどの素晴らしい舞台でした……!

 

劇場版をご覧になった方なら、この記事に載せている写真を見て「ここはこのシーン!」とすぐにおわかりいただけると思います。でもそれはただシチュエーションが同じというだけではなく、舞台ならではの仕掛けやプロジェクションマッピングなどの演出、キャスト陣が披露する見事なダンスや歌などの要素が渾然一体となって、まさに“ナマ”ならではの迫力に満ちているんです。

 

 

ご存じない方に軽く説明しますと、『キンプリ』世界には歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う“プリズムショー”というものが存在します。4年に一度開催されるプリズムキングカップの出場を目指す男子プリズムスタァたちの成長と輝く……のが最初の劇場版のあらすじとなっており、物語自体は非常にシンプル。けれど『キンプリ』の真髄はゴージャスかつ時にサイケデリックに魅せるプリズムショーのシーン、さらにはストーリー部分の「シュールすぎるだろ!」と思えるような演出などなど、いい意味で全編最高にイカれているところでもあるのです。

 

そんな『キンプリ』の世界観、実際のところ再現できるの?とお思いになっていた方もいらっしゃるかと思います。しかし何度も言いますが本当に想像以上です。正直こちらに載せている写真やこのあとにご紹介する映像の、数十倍もしくはそれ以上のインパクトがあると思っていただきたい。

 

本作はコミカルなシーンも多く、さらにはこの舞台で大きな話題となっている、キャストたちが体を張って“タオル一枚”の姿でお届けするお風呂ソング&ダンスなど、笑いどころも満載。

 

 

けれど、キャストの皆さんが汗だくになって歌い、踊り、演じる姿を見ていたら(いつも涙腺弱くて恐縮ですが)思わず涙が出てきてしまいました。アニメや映画などといったコンテンツももちろんとても素晴らしいものではありますが、やはり舞台ならではの“生身の人間”の熱量というものに文字通り圧倒されてしまった感じというか、とにかく舞台から伝わる気迫がすごいんです。これがプリズムスタァ……!

 

 

もはやすべての場面や出演者ひとりひとりについても語ってしまいたいくらいなのですが、皆さんが「この人しか考えられない」完璧なキャスト。それから今回は写真でお載せできていないのですが、アンサンブルキャストの方々のご活躍もとても素晴らしいものだったこともぜひお伝えしたい。ある時は華を添えるダンサー、ある時は黒子という具合に、彼らがいなくてはこの舞台は完成しなかったかもしれません。そして映画にはないものといえば本作オリジナルの楽曲も複数披露されていましたが、これもまたとてもいい。ぜひCDで何度でも聴きたい。(※2018年3月にDVD/Blu-ray・CD同時発売とのこと。買います!!)

 

キャストや制作の皆さん、そして観客も一体となって、その場所その瞬間にしかない楽しさや喜びを作り上げていく。それこそが“煌めき”というものなのかもしれないなと思いました。そんな眩しい光であふれている、ここは世界で一番輝いている場所。観ている間も、観終わったあともずっと続く幸せな気持ち。まさにこれが“初めてプリズムショーを観た時の気持ち”なのだと思います。本当に素晴らしかった。エンターテイメントを愛するすべての方に、ぜひ、ぜひ観ていただきたいです。

 

 

以上、舞台『KING OF PRISM -Over the Sunshine!-』感想でした。
PVをはさみ、このあとは合同インタビューのキャストコメントをお送りいたします!

 

Text by たまお

 

 

舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」PV

 

 

朗報!東京千秋楽ニコ生配信決定!

舞台・ライブビューイングに行けない方、もう一度あの感動を味わいたい方へ。
11月12日(日)21時より、ニコニコ生放送決定!

 

番組詳細

【ネット独占放送】舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」千秋楽

放送日時:11月12日(日)21時00分~23時00分(予定)

視聴URL :http://live.nicovideo.jp/watch/lv308189847

※番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要となります。
※本編のみ放送いたします。(上映終了後の歌唱パート及びカーテンコールは含まれません)

 

 

合同インタビュー

▲左からspiさん(大和アレクサンダー役)、杉江大志さん(速水ヒロ役)、小南光司さん(神浜コウジ役)、橋本祥平さん(一条シン役)、大見拓土さん(仁科カヅキ役)、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)

 

舞台での自身のキャラクターの見どころ

橋本祥平さん(一条シン役)

「自身の、というか舞台全体の見どころなのですが、『キンプリ』はいままでの舞台の概念を覆すような作品だと思います。お客様の熱量もすごいですし、お客様も含めての作品という気持ちでやっています。僕らのお芝居に皆さんが一緒に入ってくる、という新しいものを作っていることを実感しているので、ぜひそういう一体感を感じていただけたらと思います」

 

小南光司さん(神浜コウジ役)

「神浜コウジというキャラは普段とても優しいのですが、シンとのレッスンでは厳しい面を見せるなど二面性があります。『一条シン!』と叫ぶシーンは自分でもとても演じていて気持ちがいいので、ぜひ皆さんもそんな快感を一緒に感じてください!」

 

杉江大志さん(速水ヒロ役)

「コウジがハリウッドに行くシーンですね。この舞台は歌やダンスが多いのですが、数少ない『お芝居で見せる』場面だと思います。短いのですが、ヒロとコウジ、そしてオバレが歩んできた道や関係性を少しでも深く感じていただけるようがんばっているので、ぜひ注目していただきたいです」

 

大見拓土さん(仁科カヅキ役)

「spiさん演じる大和アレクサンダーと『EZ DO DANCE』で対決するシーンですね。歌とダンスが一番激しくて、稽古の時から汗だくになっていました。でもお客様の応援で、本番でしか出せないパワーが出せていると思いますので、ぜひ一緒に熱くなってくれたらうれしいです。バトルスーツの再現度の高さも注目してください!」

 

spiさん(大和アレクサンダー役)

「ライバルとして登場している大和アレクサンダーの、“シュワルツローズの暴君”っぷりを見ていただきたいです。また、舞台ではいままで見られなかったようないろいろな組み合わせで歌っているところも見どころです。オリジナルの曲もたくさんあります」

 

五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)

「劇場版と舞台では求められるテンポが違うのでアプローチを変えざるを得なかったのですが、皆様が愛してくださるミナトの『舞台版』として演じていけたらと思います。メンバー紹介のシーンではひとつも飛ばせない緊張感があふれていますが、そこも含めて楽しんでいただけたらと思います」

 

東京公演への意気込み

橋本祥平(一条シン役)
「大阪公演でもらったパワーを東京公演にぶつけたいと思います。初めてプリズムショーを観た時の煌めきと気持ちを思い出せるような作品をお届けしたいと思いますので、最後まで声援をよろしくお願いいたします!」

 

小南光司(神浜コウジ役)
「世界中でで一番煌いている町・東京、と言ってもらえるような作品にできるよう僕らもきらめきたいと思いますので、お客様も12日まで煌きに浸ってください!」

 

杉江大志(速水ヒロ役)
「素敵な作品を皆様と一緒に作って、帰る時には僕たちと同じくらいの達成感を感じていただけたらいいなと思っています。頑張ります!」

 

大見拓土(仁科カヅキ役)
「キャスト一同、フリーダムにバーニングしますので(一同笑)、皆様もフリーダムな気持ちで観ていただけたらうれしいです!」

 

spi(大和アレクサンダー役)
「ガンガンいきたいと思います…!(一同再び笑)」

 

五十嵐雅 (鷹梁ミナト役)
「毎日をなんとなくつまらないなと思っている人に伝えたいんです……世界は煌めいているんだって。本当に素晴らしい作品だということを皆様に伝えたいです!」

 

そのほか、舞台での小南さんのややコミカルなイメージの“とあるシーンの振付け”では、客席に背中を向けているものの「めちゃくちゃ真面目な顔をしている(五十嵐さん)」とのエピソードも明かされました。どんなシーンでも、みんなそれぞれ真剣に取り組んでいます!とのこと、ぜひ千穐楽までその煌めきで舞台を満たしていただきたいと思います!

 

記事をTwitterでシェアする
 

舞台『KING OF PRISM -Over the Sunshine!-』東京公演概要

■日 程
大阪:11月2日(木)~11月5日(日)
東京:11月8日(水)~11月12日(日)
※公演日時は変更の可能性があります

 

■劇 場
大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
東京:AiiA 2.5 Theater Tokyo

 

■出演者 :
橋本祥平(一条シン役)、小南光司(神浜コウジ役)、杉江大志(速水ヒロ役)、大見拓土(仁科カヅキ役)、横井翔二郎(太刀花ユキノジョウ役)、長江崚行(香賀美タイガ役)、村上喜紀(十王院カケル役)、五十嵐雅 (鷹梁ミナト役)、星元裕月(西園寺レオ役)、廣野凌大(涼野ユウ役)、内藤大希(如月ルヰ役)、spi(大和アレクサンダー役)、古谷大和(高田馬場ジョージ役)
栗田学武(氷室聖)、前内孝文(法月仁役)
アンサンブルキャスト:梅津大輝 佐藤一輝 竹井弘樹 松田健太郎 宮越大貴
※出演者は変更になる可能性がございます。

 

■原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
■脚本:青葉譲 ■演出:宇治川まさなり■音楽:石塚玲依
■主 催「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」製作委員会2017

 

■公式サイト

http://kinpri-stage.com/

■公式Twitter

https://twitter.com/kinpri_stage

 

 

千秋楽ライブビューイング開催決定!

■日時

2017 年11月12日(日) 17:00上映開始
※開始時間は変更になる可能性がございます。
 
■実施劇場
全国の映画館にて(詳細劇場は公式サイトにて)
 
■チケット
3,800円(税込/全席指定)
※本会場同様、未就学児の入場は不可
※出演者変更に伴う払戻し不可
※ローソンチケット手数料が別途かかります

 

©T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ /「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」製作委員会2017

 

秋葉原ベイホテルにて『キンプリ』コラボ実施中!

さまざまな女性向けコンテンツとのコラボでお馴染みの秋葉原ベイホテルでは、現在『キンプリ』コラボを実施中!

 

 

こちらの様子も別途ご紹介しておりますので、下記のボタンからぜひご覧ください!

 

『キンプリ』×ベイホテルコラボ紹介記事はこちら
 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!