ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

ハチャメチャ STARJAM

ハチャメチャ STARJAM

Team STARJAM

Android

スマホ発の本格eスポーツ体験ゲームがお披露目!

2017年11月11日、渋谷区が主催するDive Diversity Summit Shibuya 2017(通称DDSS)のサテライトプログラムとしてauゲームで先行配信されているスマートフォン向けゲームアプリ『ハチャメチャ STARJAM』のリリース発表会及び、同タイトルによるeスポーツ大会が開催された。

 

『ハチャメチャ STARJAM』リリース発表会

 

MCはお笑い芸人X-GUNの西尾 季隆氏。渋谷区観光協会理事長の金山 淳吾氏は開会の挨拶として「渋谷区観光協会ではさまざまなエンターテインメントの楽しみを渋谷の街で体験してもらうための活動をしています。そのなかでいま話題の”eスポーツ“を自分たちやもっと上の世代に知ってもらうために、その可能性や凄さに触れられる場を提供したいと思ってTeam STARJAMさんといっしょにこのイベントを開催することになりました。ゲームってこんなにすごいんだということを感じていただければと思っています」とコメント。

 

渋谷区観光協会理事長 金山 淳吾氏

 

続いてゲストとしてロンドンブーツ1号2号の田村 淳氏、日本eスポーツ協会 事務局長の筧 誠一郎氏、Team STARJAM エグゼクティブプロデューサー枝廣 憲氏が登壇。

 

ロンドンブーツ1号2号 田村 淳氏

 

左:Team STARJAM エグゼクティブプロデューサー 枝廣 憲氏

右:日本eスポーツ協会 事務局長 筧 誠一郎氏

 

それにしてもなぜ田村氏がこのメンバーに入っているのか。早速MCの西尾氏からも「淳さん、ふだんゲームをやるんですか?」という質問が。

 

 

「受験生になってしまったのでいまは時間を割けないんですけど、それまではやっていましたよ。eスポーツに関しても注目しています。僕、シリコンバレーにも視察に行ってるんですけど、日本とアメリカでのeスポーツの温度差もわかっていて、それでも日本に優秀なプレイヤーがたくさんいるので、日本でも絶対に火がつくってことは考えていました」とすでにeスポーツに目をつけているのだと返答が。

 

※田村氏は来春に青山学院大学を受験することを表明している。

 

さらに「世界のプレイヤーは指先で1億、2億を稼ぐんです」と熱弁。ゲームで稼ぐんだと早くから考えている子どもたちもいるのだそう。

 

日本eスポーツ協会の筧氏からも「韓国ではあこがれの職業2位にプロゲーマーがランクインしているんですよ」と援護射撃。ちなみに1位と3位はサッカー、野球選手ということで、本当にスポーツ選手と同列にゲームプレイヤーが捉えられていることがよくわかる。

 

中国の大会では6万人の観客を集めるなど、日本以外のアジア諸国ではひと足早く文化として認識され、熱狂をもって広まっているようだ。

 

「だからここ(指先)なんです!(笑)」と冗談めかして言う田村氏だが、合わせて「バカではできない」とも。筧氏からは先日アメリカの格闘ゲーム大会では東大卒のプロゲーマーが優勝しているという事例も紹介され、運動神経だけでなく頭脳も重要な競技ということでオールマイティな能力が求められているとした。

 

前述したような大会ではPC及びコンシューマーゲームが中心だったが、これからはeスポーツがスマホゲームにも普及してくると筧氏がつなげ、ここで話は『ハチャメチャ STARJAM』へと。

 

「やっぱりゲームなのでみんなが楽しくできないと意味がないですし、多くの人がやればやるほど選手が増えてeスポーツの土壌ができるわけです。だから僕はこの『ハチャメチャ STARJAM』が担っている責任は大きいと思いますよ」(田村氏)

 

eスポーツがこれから流行っていきそうなのはわかった、でもどうしてここに渋谷区が関わっているのか、というもっとな疑問を投げかけられた金山氏は「渋谷区は年間1000万人くらいの外国人観光客の方がいらっしゃっています。そういう方に対して提示できる観光資源が意外と少ないのが現状です。そこでいま注目しているのが老若男女、だけでなく障害者の方も含めて楽しめるeスポーツです」と返答し、続けて「将来渋谷区からスマホネイティブのeスポーツのプロプレイヤーが生まれて世界のトップになったりしたら、こんなに素晴らしいことはないですよね」という壮大な構想を語った。

 

金山氏は、通信環境の改善などできることからサポートしていければと考えているようで、夢の実現に向けての働きかけも期待できそうだ。

 

さらに、eスポーツの盛り上がりを示唆する事例として、2024年パリで行われるオリンピックではeスポーツが正式種目として採用を検討されていること、2022年のアジア競技大会では野球やサッカー、バスケットボールなどと並び正式種目の採用が決定していることなどが紹介された。「オリンピック!?」と驚いた西尾氏の声は発表会を観覧していた一般の方の気持ちとシンクロしたものだったのではないだろうか。

 

 

田村氏と筧氏はさらに続ける。

 

「だから日本にすごいプレイヤーを生み出したいんです。実況とか、配信とかそういう新しい楽しみ方は出てきていますけど、世界で通用するプレイヤーは少ないじゃないですか。ゲームを作る方では日本は有名ですけど、もっと有名なプレイヤーが出てきてほしい」(田村氏)

 

「そうすると我々がイタリアに行ってサッカーを観戦するように、日本に外国から観光客が来て有名なプレイヤーを見たいとなってくるといいですよね」(筧氏)

 

Team STARJAMとは?

 

枝廣氏もeスポーツに未来を感じており、素晴らしい選手が出てくることを予測。そこで日本発の”いいゲーム“を作りたいと渋谷区、千代田区、大阪の人材でこのチームを結成したそうだ。

 

若者から大人まで誰もが遊べるように右手ひとつで簡単に遊べるゲームとして、この『ハチャメチャ STARJAM』を開発したと説明。しかも世界でまだ数少ない、リアルタイムで遊べる3Dアクションゲームなのだそう。事前にプレイしていた田村、西尾両氏もその完成度の高さを絶賛。

 

ここで実際にふたりでゲームプレイを行うことになったのだが、ここで枝廣氏から本作の登場キャラクターである”ウイロウ“の声優を田村氏が担当することが発表された。

 

 

気になるエキシビションマッチの結果はと言うと…、なんと西尾氏の圧勝。

 

 

「これやり込んでるやつの動きじゃん!」と田村氏から突っ込まれる一幕もあったが、ふたりともバトルが楽しかったのか、「ずっとやっていたい」「キャラクターが個性的でおもしろい」と感想戦が止まらないのが印象的だった。

 

 

auゲーム版でいますぐ遊ぶ

 

100万円争奪!ワンデイトーナメント開催!

 

トークセッション後には、事前に募集した参加者に当日参加のプレイヤーを加えた100名以上によるトーナメント大会が行われた。田村氏の開会宣言をきっかけに参加者たちによる本気バトルが繰り広げられた。なお、ここで田村氏は退席となったが、西尾氏はそのまま大会の進行役として残り、さらに田村氏が”100万円を狙う刺客“としてニブンノゴ!森本英樹氏を差し向け、大会に参加することとなった。

 

▲知らない者同士での対戦にも関わらず、「よし!」「負けたー!」と思わず感想が口からこぼれる参加者も多く、とにかくどのテーブルも盛り上がっていた。

 

参加者が8人に絞られた決勝トーナメントには、ニブンノゴ!森本氏を含む腕自慢たちによるさらなる熱戦が展開。ベスト8に残るだけあって、初めてゲームに触れたというプレイヤーでもうまさを感じさせる動きを見せていたが、なかでも目立ったのは森本氏の勝ちへの貪欲さ。

 

▲勝利すればこのオーバーリアクション。有利な展開でのドローともなれば「いまのは俺(の勝ち)だろ!」とMCの西尾氏に食って掛かるなど大会を大いに盛り上げてくれた。

 

決勝はその森本氏と、「今日初めて遊んだ」というアベ氏。互いに1本を取り合う熱戦の末、最後は見事に畳み掛けたアベ氏の勝利。

 

▲勝負が決まった瞬間の様子。会場中が拍手と歓声で大熱狂だった。

 

優勝したアベ氏は「初めてゲームを遊んだ僕が優勝できたことで、このゲームがどんな人でも遊べるということが証明できたと思います。きっかけは100万円でもいいので、もっとたくさんの人がこういうイベントに参加してeスポーツが盛り上がればいいなと思います」と素晴らしいコメントを披露。大きな拍手で祝福され、大会を見事に締めてくれた。

 

 

『ハチャメチャ STARJAM』は現在Android端末のみ、auゲームプラットフォーム先行でプレイが可能。

 

今後、iOS向けにiTunes Store、AndroidではGoogle PlayStoreでも配信が予定されており、同日より事前登録の受付を開始した。日本のeスポーツをさらに発展させてくれるであろう注目タイトルの行く末にも期待したい。

 

auゲーム版でいますぐ遊ぶ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!