ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

パズル&ドラゴンズ

パズル&ドラゴンズ

GungHoOnlineEntertainment

iOS

Android

ゲームMENU

山本プロデューサーも登壇

2018年1月11日、都内のコロッケ・ミミック東京にて『パズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)』シリーズを統括した"パズドラプロジェクト2018”のメディア発表会が行われた。

 

ガンホー・オンライン・エンターテイメントの代表取締役社長であり、シリーズのエグゼクティブプロデューサーでもある森下一喜氏(以下、森下)、同プロデューサーの山本大介氏らが今後の展望や新たな展開について紹介してくれた。

 

シリーズ全体に大きな動き

森下、山本の両氏はそれぞれ赤と青の紋付袴で登場。

 

森下氏からは今回の発表会について、「シリーズが2月20日に6周年を迎えるから本来なら来月やるべきだけど、2018年の初めということで、シリーズ全体の展望も含めてお知らせしたいと思ったので今月に行うことにしました」と。

 

6周年について山本氏は「あっという間でした。気づけば7年目に突入ですね」と短さを強調。

 

『パズドラ』シリーズに新ロゴ

 

発表のひとつめは新たなロゴの発表。

 

「シリーズロゴということでこちらに統一していきます。ゲーム以外のタイトルもすべて統合しますので、今後はこちらを全面的に押し出していきます」(森下氏)

 

ということなので、より多面的な展開をしていくだろうことが予想される新ロゴの発表となった。

 

e-sports競技日程タイトルに決定

 

「ガンホーは2004年からラグナロクでそういったことをやっていましたし、10年以上取り組みは続けている。今回プロゲーマーの制度が作られていくということで、パズドラの競技性を高めて腕前を競い合うことでゲーム業界を盛り上げる一環となればと思う」(森下氏)

 

3つの大会を展開

まずは誰でも参加ができるプロ認定大会を開催します。これに上位入賞することでプロ認定資格の権利を得られます。

 

 

その先が認定プロと一般プレイヤーの両方が参加できる"オープンカップ”があります。さらにその上に、認定プロのみが参加できる”チャンピオンズカップ”というものを2019年に開催予定です。(森下氏)

 

そして 2018年2月10日・11日に幕張メッセで行われる闘会議2018でチャレンジカップの第1回を開催することが発表された。そしてこの大会はパズドラレーダーでのランキング上位者を招待するということだそう。

 

決勝大会上位(3位まで)入賞者にはライセンス認定権利が授与されるということなので、ついに『パズドラ』シリーズから初のプロライセンスプレイヤーが誕生することになるわけだ。日程等の詳細は後日発表されるということなので、詳細を待とう。

 

シリーズのさらなる展開

これまでもゲーム以外の展開がシリーズで行われていたが、今後は前述のe-sportsとも絡んだものとなっていくようだ。

 

月刊コロコロコミックで新連載が決定

2018年3月号から始まる新連載は、”スマホのパズドラ”でストーリーが展開していくそう。世界観も現代劇となっており、e-sports及びプロゲーマーがテーマとなる。

 

2018年4月アニメ化が決定

コロコロコミックの連載とのクロスメディア展開も決定。現在放送中の『パズドラクロス』に引き続き、放送はテレビ東京系列、制作はスタジオぴえろとなっている。

 

主人公の“明石タイガ”(画像右)役は泊明日菜(とまりあすな)さん、主人公の相棒“トラゴン”(画像左)役は柿原徹也さんと発表された。監督はこちらも『パズドラクロス』から引き続き亀垣一氏が務める。キャスト及び監督のコメントは以下。

 

泊明日菜(明石タイガ役)

役が決まったときは事務所の人が大喜びしていて、私自身は乗り遅れてしまいました…(笑)。でも家に帰ってから嬉しさがこみ上げてきました。(泊)

 

柿原徹也(トラゴン役)

こういう役はいままで経験がないんです。『クロス』ではクールなキャラだったので、オーディションを受けさせてもらえること自体びっくりして、それでどうせなら全力でやってやろうと思ったんです。受かったと聞いて飛び上がるくらい嬉しくて、マネージャーなんか泣いてました(笑)。

 

監督:亀垣一

ドキュメンタリーみたいな意識で作っていこうと思っています。「トラゴンが存在する」という大嘘はあるんですけど、それ以外はリアルにしたいなと。いつか「これを見て大会に出ました」とか、「e-sports大会で金メダルを取りました」という人が出てくれるといいなと思います。あと…、そのためにも数字(視聴率)がほしいのでよろしくお願いします(笑)。

 

新玩具モンスターメモリー

 

『パズドラ』シリーズではこれまでアーマードロップと呼ばれる玩具を発売していたが、これは2016年7月から累計で434万個出荷という大変な大ヒット商品となった。そのアーマードロップ以上の楽しさを持った玩具としてタカラトミーから新たな玩具"モンスターメモリー”が発売される。

 

 

モンスターメモリーは玩具としての楽しさだけでなく、アプリとの連動、アニメとの連動を実現させるとのこと。『パズドラレーダー』に関してはすべてのメモリーは連動対応し、本編の『パズドラ』でも一部連動対応するそうだ。紹介してくれたタカラトミー高原氏は「お菓子売り場やコンビニなどでも発売することで、パズドラとのタッチポイントを増やしていきたい」とコメント。

 

あのコラボが再び


いまも『パズドラ』内で最強クラスのモンスターと言われる"ディアブロス”が登場するモンハンコラボが帰ってきた! 2018年1月26日に発売の『モンスターハンターワールド』からもモンスターが登場するなど、シリーズの新たなモンスターたちも追加されるそうだ。こちらの開始は2018年1月22日からとなっている。

 

そして最後に山本氏からはこんな発言も飛び出した。

 

「『パズドラ』は今年の2月に6周年を迎えます。いまちょっとストップしている生放送を含めてまた新しいことをやっていきたいと思っています」(山本氏)


新情報あり、サプライズありと毎回ユーザーを楽しませてくれていた生放送の復活もあるのか!?と、集まったメディア陣のなかでここに注目したのは記者くらいかもしれないが、山本Pあっての『パズドラ』と思うユーザーも多いはず。今年の『パズドラ』ここにも期待していきたい。

 

画像左からガンホー・オンラインエンターテイメント森下一喜氏、アニメ『パズドラ』監督亀垣一氏、主人公“明石タイガ”役泊明日菜(とまりあすな)さん、相棒“トラゴン”役柿原徹也さん、ガンホー・オンラインエンターテイメント山本大介氏

 

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)井上桃太/小学館
(C)ガンホー・オンラインエンターテイメント/パズドラプロジェクト・テレビ東京
(C) TOMY

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© GungHoOnlineEntertainment All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。