ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

 

ご注意

・当ゲームギフトファンページお誕生日企画では、担当ライター・たまおによる(勝手に)選ぶ名セリフ3選記事&ここだけの限定壁紙配信という構成でお送りします。

 

・記事の中にはストーリーのネタバレやスクリーンショットが含まれる場合がありますので、お読みいただく際はご注意ください。

 

・記事の内容はあくまでもライター個人の見解によるものであり、公式が選ぶ代表セリフのような意味合いはありません。

 

記事のスクリーンショットの拡散や、無断転載はご遠慮ください。URLを載せていただくか、記事の下部にあるシェアボタンをご利用いただければ幸いです。

 

お誕生日記事一覧へ
 

葵ゆうたプロフィール

CV 斉藤壮馬
学年/クラス 1-B
部活 軽音部
身長/体重 168cm/54kg
血液型 AB型
誕生日 3月5日
実家の家族構成 父、兄、猫2匹
お気に入り ヘッドホン
嫌い
趣味 音楽鑑賞、ライブごっこ
特技 シンクロ(水泳)
キャッチコピー 自分の輝きを求めるいたずらな月
説明 明るく元気な双子の弟で、兄のひなたより冷静で繊細。ひなたの愛情を受けつつも、自分だけの個性を望んで反発している。軽音部では零の小間使いとして使役されつつ、晃牙のなだめ役としてもしばしば。双子で組んだユニット『2wink』に所属。

 

 

たまおが(勝手に)選ぶ名セリフ3選:葵ゆうた編

 

俺も、いつまでも……。アニキの付属品、アニキのおまけ、アニキの劣化コピーではいられませんから 

【葵ゆうたストーリー「第一話」】より 

 

その日お誕生日を迎えるアイドルの魅力や本質を(勝手に考察して)語る本記事、葵ゆうた編ではまずこちらをピックアップしてみました。そのキャラの基本中の基本が詰まっていると言って過言ではない、【キャラ別ストーリー第一話】からのセリフです。この言葉には、夢ノ咲におけるゆうたの(主に双子の兄であるひなたに対する)言動や行動原理が見られるように思えます。 

 

ゆうたは『アニキ』であるひなたとふたりで、2winkというユニットを組んでいます。明るくていたずら好きなイメージのひなたと反対に、どちらかというと繊細で、兄に翻弄される側の『弟のほう』。でも、この言い方をゆうたはとても嫌がります。なぜなら、双子であることは強みだけれど、自分だけの個性も欲しいと望むようになったから。 

 

夢ノ咲におけるアイドルたちは、ユニットでの活動を通して成長していくことも多いです。でも彼らの場合、ユニットがそのまま兄弟という関係でもある。だから、彼らにとってユニット内で発生する問題はイコール家族の問題でもありその逆でもあり、ほかの人が乗り越えるべき問題とまた違った意味での難しさがあるのだと思います。 

 

そんなふたりの問題が表面化し、大きくぶつかりあったのがクリスマス。ここでのゆうたのセリフにも印象的なものがたくさんありましたが、なかからひとつだけ拾ってみました。 

 

【雪花*流星のストリートライブ】より 

 

なんでもできる人が身近にいるというのは刺激にもモチベーションにもなるけれど、同時に脅威でもあります。ましてそれが、自分と同じ見た目をした兄弟ならなおさら。それでも彼は、ただ太陽の光を受けて輝く月ではなく、自らも光り輝こうと努力するんです。 

 

思春期にある自我意識の芽生え。でももしかしたら、彼の場合はそれだけが理由ではなかったのかもしれません。それについてはまた、次の項で。 

 

 

 

どんな夢でも叶えられるよ、だって『ふたりがかり』なんだから

【招福*鬼と兄弟の節分祭】より 

 

私は個人的に、【ストリートライブ】【節分祭】【返礼祭】が『三大・2winkを知るにはこれを読んでくださいイベント』だと思っています。なかでも【節分祭】は、ゆうたとひなたの問題に深く突っ込んだだけでなく、夢ノ咲のみんなを巻き込んで解決しようとしたストーリーです。 

 

夢ノ咲にはもう一組の『兄弟』がいます。このイベントのなかで、そのもう一組の弟である朔間凛月がゆうたにかけた言葉があります。それは『兄と弟とは』という内容のもので、選ぶ言葉こそ過激ではあったものの、ものすごくざっくり要約すると「兄は、弟がいなければ『兄』にはなれない。だから、その愛情は素直に受け取っていいものだ」というものでした。 

 

ゆうたはたぶん、ひなたが自分にかける愛情の深さをよく知っています。そしておそらく、ひなたが自分を犠牲にしてまでゆうたを大切にしようとしていることも。だから、兄がそうやって血を流してまで自分に栄養を与えてくれようとするのを、「当たり前」に受け取れなかったのかなと思います。 だって、自分もひなたと同じかそれ以上に、相手を大切に思っているから。

 

このイベントからもうひとつ、セリフを拾ってみます。 

 

【招福*鬼と兄弟の節分祭】より 

 

『鏡』というのはクリスマスの時も言ってましたが、つまりひなたがつらい思いをしていると、ゆうたも笑顔にはなれないってことなんですよね。 

 

ひなたはゆうたを守るために、ゆうたから離れようとしていました。それはおそらく、何度か繰り返されてきたことです。でも、そのたびにゆうたはひなたを追いかけて地上につなぎとめ、離れずにそばにいようとしていたように思います。 

 

 

「まだ同じ色をしてるなら、いいや。複雑な気分だけど、何だかちょっと安心した」【春川宙ストーリー『あなたの色は』】より 

 

「今さらこんなことで怒ったり、嫌ったりしないってば……生まれる前から一緒にいる、アニキをさ」【スカウト!カンフー】より 

 

「どっか変なところ、歪んでるところがあるなら言ってよ。自分じゃ、わかんないから。鏡よ鏡よ鏡さんって、毎日でも聞くからね」【雪花*流星のストリートライブ】より 

 

「だからさ、安心してね、ひなたくん。消えちゃう必要なんてないよ、もう二度と『俺』を捨てないで」【招福*鬼と兄弟の節分祭】より 

 

そして冒頭で挙げた、 

 

「どんな夢でも叶えられるよ、だって『ふたりがかり』なんだから」 

 

という言葉。 

 

 

彼が自分だけの個性を認められたいとあがいていたのは、複雑な思いを抱え、どこかに消えてしまいそうだった大切な兄を守るため。守れるだけの強さを手に入れようとしていたのかもしれないなあなんて、ふと思いました。繊細で弱いように見えて、その実、彼の愛もまたとても深くて力強く、それは何にも負けないくらいのものなのかもしれないな、と。 

 

 

    

それが『2wink』です、世界でいちばん美しくって強い個人です 

【衝突!思い還しの返礼祭】より 

 

私が彼らの先輩、彼らを置いて卒業していく身でこれを聞けたなら、たぶんこの場で号泣してるでしょうね……。 

 

ゆうたと同じくひなたも今日が誕生日で、今回どちらの記事も読んでいただいた方がどのくらいいらっしゃるかはわかりませんが、『ふたりでひとり』の彼らの名セリフとしては、ここを締めとするのがふさわしいかなと思います。 

 

ゆうたの記事なのでゆうたの言葉を抜粋しますが、できれば未読の方は元のセリフをぜんぶ読んでいただきたいし、既読の方もぜひこれを機会にストーリーを読み返していただきたいです。 

 

「ふたりぶんの人生を、たったひとりの『俺たち』のために使える。他人の二倍、努力もできるし経験も積める。それが、俺らの強みです(中略)ふたりで片手ずつ繋いで、片足ずつ交互にだして、片翼ずつで羽ばたいてどこまでも行きます」 

 

こんなに美しくて力強い言葉には、もはや解説などいらないかなと思います。文字に起こしているだけでも胸が熱くなる。 

 

 

それでは最後に、もうひとつ。返礼祭後、春休みの一コマから。 

 

【スカウト!苺狩り】より 

 

これは【返礼祭】後のストーリーでの一コマですが、なんだかひなたのセリフみたいだな、と思いました。相手が幸せなら、自分も幸せだって口に出して伝えているところが。ずっとずっと別々にならなきゃいけないと悩んでいたゆうたの(ひなたのでもあります)こんな姿を見ていたら、なんだかとても、嬉しくなったりしました。 

 

 

 

 

おまけ:かわいいほうが…編

 

最初に言ったのがいつかは忘れてしまいましたが(でも2015年くらいではあった気がする)、以前から提唱している私の葵兄弟の見分け方として『キュートなほうがひなたくん、かわいいほうがゆうたくん』というのがあります。(~のほう、とか言って申し訳ない>ゆうた)

 

今回はスチルとセリフから、そのかわいいかわいいゆうたの魅力をご紹介していきたいと思います。

 

 

【スカウト!夜の怪談】より

 

かわいすぎるだろ?と声がでました。ゆうたはこの怖がってる表情はじめ、ふくれっつらとか転んでイテテってなってるのとか、おすましアイドルスマイルじゃないのも多いんですよね。でもわかる。だってかわいいもの。

 

 

【灼熱☆海辺のビーチマッチ】より

 

こんなんもうチラシを束で受け取りますよね。ちなみにセリフに隠れていて見えませんが、このスチル、持っているチラシにひなたと思われる似顔絵が描いてあるところもポイント高いのです。はいかわいい。

 

 

【スクランブル*夢の中のトイランド】より

 

(姫ちゃんじゃないけど)遊ぶ~!と即答したプロデューサーはどれだけいるでしょうか。私もです。このスチルは表情、ポーズ、シチュエーションも相まって、もはや『かわいい』の暴力です。

 

 

【衝突!思い還しの返礼祭】より 

 

晃牙から「ピッポロピッポロうるせ~よ」という名言が生まれた一品です。もはやこれセリフも載せてませんが、もうピッポロかわいい、ということでよろしいでしょうか。よろしいですね。

 

 

それでは、ラストにもう一枚。

 

【招福*鬼と兄弟の節分祭】より 

 

というわけでこのスチル。けれど私にはなんとなく、表情が以前と変わったように思えました。

 

『冷静で繊細な弟』ではなく、葵ゆうたそのもの。葵ゆうたであり、『いたずらっ子で明るい』ひなたみたいな笑顔でもある。

 

 

穏やかで、月みたいなゆうた。

でも時には、太陽のように眩しく誰かを照らすこともある。

月と太陽は手を繋ぎ、繰り返し繰り返し世界を光で包んでくれる。

ゆうたがゆうたのままで、優しい笑顔で、ずっと輝いていけますように。

そんなふうに、願っています。

 

 

 

HAPPY BIRTHDAY、YUTA AOI!!

 

 

そんなこんなで葵ゆうたBDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 

Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

 

祝★葵ゆうたBD!シェアしてね♪壁紙ページへお誕生日記事一覧へ

 

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、アイドルたちへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!

 

お誕生日特別企画へファンページTOPはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。