ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

 

ご注意

・当ゲームギフトファンページお誕生日企画では、担当ライター・たまおによる(勝手に)選ぶ名セリフ3選記事&ここだけの限定壁紙配信という構成でお送りします。

 

・記事の中にはストーリーのネタバレやスクリーンショットが含まれる場合がありますので、お読みいただく際はご注意ください。

 

・記事の内容はあくまでもライター個人の見解によるものであり、公式が選ぶ代表セリフのような意味合いはありません。

 

記事のスクリーンショットの拡散や、無断転載はご遠慮ください。URLを載せていただくか、記事の下部にあるシェアボタンをご利用いただければ幸いです。

 

お誕生日記事一覧へ
 

三毛縞斑プロフィール

CV 鳥海浩輔
学年/クラス 3-A
部活 陸上部
身長/体重 180cm/64kg
血液型 A型
誕生日 5月16日
実家の家族構成 両親、妹
お気に入り 珍品コレクション
嫌い 比較すること
趣味 楽しいこと探し
特技 派手なパフォーマンス
キャッチコピー 笑顔咲くお祭り男
説明 猪突猛進で豪快な性格。助っ人としてあらゆる場所に現れては、すぐにどこかへいってしまう放浪癖がある。笑顔を愛し、『お祭り』あるところどこへでも飛んでいく。ソロユニット『MaM』として活動している。

 

 

たまおが(勝手に)選ぶ名セリフ3選:三毛縞斑編

 

今この瞬間に、奇跡のように成立したアンサンブルを! 刹那の祭を、命懸けで満喫しちゃおうなああ!

【花吹雪*皐月の藤紫】より

 

「笑顔咲くお祭り男」、 斑の登場です。彼はちょうど一年ほど前に登場した、『あんスタ』世界では一番新しいキャラクター。初のソロユニットで、物語の中で長らく不在にしていた理由は『ずっと海外を飛び回っていたから』という非常にアクティブな人です。

 

斑は体も声も大きくて、いきなり現れて誰にでも『ぐいぐい』きて、あちこちを引っ掻き回しながらも自分以外のみんなを上手いことまとめて、いつの間にかまたいなくなるイメージがあります。なんだかトランプのジョーカーのみたいな人だなあと。基本的に一人で活動するソロユニットであることも、トリッキーな印象を残す理由のひとつであるような気がします。

 

登場が新しいこともあってか、現在までのところ、彼の深い内面まではまだ明らかになっていません。この人は喜怒哀楽がはっきりしていて、言いたいことは言うタイプの人ではあるけれど、本当は何を考えているのかがよく見えないところがあります。「お祭り男」なんて言われていますが、実は楽しいことだけを見つめているわけではいないような。いま挙げたセリフにも「刹那」という言葉がありますが、こつこつと過ごす『お祭り以外の毎日』があるからこそ、非日常が際立つのだと言っているように感じます。だからこそ、輝く瞬間を大切にしたいのだと。

 

彼はまた、『お祭りが好きな理由』をこんなふうにも言っています。

 

「お祭りでは人々がお面をかぶり、神さまもそのなかに溶けこむ 非日常の中で交流し、同じ姿で語り合い慈しみあう。だから、俺はお祭りが好きなんだよなあ 他人とちがう俺たちも、『ここ』でならみんなと同じように幸せになれる」
【ドロップ*遠い海とアクアリウム】より

 

「そんな俺でもお祭りのなかなら馴染んでみんなと楽しめるんだよなあ!」
【お化けがいっぱい☆スイートハロウィン】より

 

彼は自分を、他人とは違う人間なのだと線引きしています。それはいったいどういう意味なのでしょうか。

 

ではこの流れで、2選目にいきたいと思います。

 

 

 

俺は昔から、かなり何でもできたからなあ。成功ばっかり、勝利ばっかりだ。でもなあ、それも何だか面白くないだろう?だから俺は、絶対に自分には成れないだろう存在に成ることを当面の目的にしている!要するに、ママだなあ!だから俺は自分の『ユニット』に、『MaM』って名付けたんだぞお

【スカウト!コンチェルト】より

 

ものすごくいい笑顔で天才発言しちゃってますが、『何でもできる』ということは、ある意味とても退屈なのだと思います。たとえば、世の中がすべて自分の思う通りになったらどうでしょうか。苦労しなくて済むし、気楽だし、初めはいいかもしれません。でも、最初から結果がわかっていることに興味を持ち続けることは、やっぱり難しいんじゃないかと思うんです。

 

こんなセリフもあります。

 

「この世界には、楽しいことがたくさんあるしなあ。俺にとっては、アイドルはそのひとつだ(中略)じゃあ俺が卒業するまでに、ううんそれから先でもいい……。俺の再優先事項を、『アイドル』にしてみせてくれ 『アイドルになる』っていうのが、俺が生涯をかけても達成できない難しいことだと信じさせてくれ でないと簡単すぎてすぐ終わっちゃいそうで、興味がなくなりそうだ」
【スカウト!十二支】より

 

これも捉え方によっては、自信満々で鼻持ちならないように感じる人もいるかもしれません。けれど、前項の『お祭りが好きな理由』もそうなんですが、私には『天才』故に彼が抱えるどうしようもない孤独が伝わってくるように感じられます。

 

また、彼は『ママ』と名乗ることの理由を、何度か形を変えて言葉にしています。

 

「どこにも所属できなかった俺は、せめて誰も拒絶せずに……『安心できる居場所』になりたい みんなのママみたいな存在にな。まあ、まだまだ難しいけど」
【スカウト!ランウェイ】より

 

五奇人をはじめとした『あんスタ』の天才、才能に溢れたアイドルたちを見ているとよくわかることですが、彼らはみんな孤独を抱えています。レオも斑のことを「人間としての能力値が高すぎる。それゆえの苦しみとかもあるんだろうし、おれもそのへんは理解できるけど」(月永レオ/【スカウト!コンチェルト】より)と言っていましたが、彼らはみんな、寂しさや苦しさに耐えながら、ずっと自分の居場所を探しているように見えます。

 

次の項では、彼のそんな内面をもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

 

ただ、俺はむかしから『独りぼっち』が苦手でなあ。人間が大好きだから、爪弾きにされると死ぬほど寂しい そんな俺だからこそ、独りぼっちの子を見ると構いたくなる。孤独がどれだけつらいか理解できるし、こっちまで哀しくなってくるから

【花吹雪*皐月の藤紫】より

 

斑のセリフ選びはけっこう迷ったのですが、言いたいことはほぼ決まっていました。1選目の『お祭り』、2選目の『ママ』、3選目で語る『孤独と願い』です。

 

人前では、斑は基本的にいつも笑顔です。豪快に笑いながら、大きな声でみんなに「楽しくやろう!」と言っているみたいな。けれど、ごくたまに彼の表情からあたたかさが消える瞬間、すっと背筋が凍るような『怖さ』を感じることがあります。

 

【スカウト!コンチェルト】より

 

彼は才能だけでなく環境にも恵まれています。たとえ自分のちからだけでは手に負えないことがあったとしても、どんな手を使ってでも片を付けます。正直かなりおっかない人だなと思うのですが、彼も自分自身の『恐ろしさ』をよく自覚している気がします。

 


「自分だけ楽しんで、ふと振り返ったら死屍累々……みたいな感じだなあ!」【花吹雪*皐月の藤紫】より

 

「俺はできるかぎり、周りの人間に健やかで幸せでいてほしい。普通にぶつかったら、壊してしまうばかりだからなあ」【スカウト!コンチェルト】より

 

「守るつもりで壊してしまうかもしれない」【追憶*モノクロのチェックメイト】より

 

「こんな手段しか選べない。だから俺は、ヒーロー失格なんだ」【ドロップ*遠い海とアクアリウム】より

 

「俺は、人間でいたいなあ。人間のことが大好きだから」

【花吹雪*皐月の藤紫】より

 

 

彼に対する、奏汰の「いいかげん、むかしのじぶんを『ゆるして』あげたらどうですか?」(深海奏汰/【お化けがいっぱい☆スイートハロウィン】より)というセリフの意味はまだ明らかになっていないと思いますが、その『昔の自分』が経験したできごとも、彼がソロで活動している理由のひとつなんじゃないかという気がしています。


「あれで意外と、他人のことが大好きで関わりたがる」(守沢千秋/【花吹雪*皐月の藤紫】より)と千秋も言ってますが、斑はほんとに『人間』が大好きです。この項最初で挙げたセリフを見ていただければわかるように、自分が経験しているから、他人の心の痛みがよくわかる。だから、よりたくさんの寂しい子を救うために、トランプのジョーカーのように姿形や立場をさまざまに変えながら、寄り添おうとしてくれるのかなと思ったりします。


愛を求め出会いを求め、自分を熱くさせてくれるものを求めている斑。いつどこに行ってしまうかわからない人だから、こんなふうに言ってくれることが、とてもうれしいなと思うのです。

 

【花吹雪*皐月の藤紫】より

 

 

 

 

おまけ:テンションも目線も『高い高~い☆』編

 

この人は誰かをつかまえてはよく『高い高~い!』をしているわけですが(冷静に考えたらなんかすごいなと思いますが)、それってどのくらいやってるんだろう?と思い集めてみました。結論、そんなに多くはなかったのですがせっかくなのでご紹介していきます。

 


【花吹雪*皐月の藤紫】より

 

LINEスタンプにもなったお馴染みの絵ですが、こうみると普通に誘拐ですね…愉快な誘拐犯、みたいな!(ちょっと上手いこと言った気になりました)

 


【花吹雪*皐月の藤紫】より

 

数としてはおそらく、光がいちばん『高い高い』されているんじゃないかと思います。これは八艘飛びまでしちゃってるすごいやつ。ちなみに八艘飛びとは、壇ノ浦で源義経が船から船へと飛び移ったことだそうです。

 

 

【三毛縞斑ストーリー「母なる大地」より】

 

そこそこ体の大きいアドニスでさえ餌食に……さすが陸上部部長。ちなみに同じ陸上部の嵐はタックルされてました。

 

 

【三毛縞斑ストーリー「お祭り男の帰港」より】

 

王さまですらこのとおり。抱っこなのか高い高いなのか判別しづらいところですが、『わっしょい』言ってるので、おそらく持ち上げているだろうと判断いたしました。

 


斑はやっぱり不思議な人です。でも、目が離せなくなるような引力があって『この人をもっと知りたい』と思わされてしまう。この先の未来、もっともっと活躍を見られるように。そうして彼の輝きも内面も、たくさん見ることができるようにと願っています。
 

 

 

 

HAPPY BIRTHDAY、MADARA MIKEJIMA!!

 

 

 

そんなこんなで三毛縞斑BDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 

Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

 

祝★三毛縞斑BD!シェアしてね♪壁紙ページへお誕生日記事一覧へ

 

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、アイドルたちへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!

 

お誕生日特別企画へファンページTOPはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。