ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前登録、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

 

ご注意

・当ゲームギフトファンページお誕生日企画では、担当ライター・たまおによる(勝手に)選ぶ名セリフ3選記事&ここだけの限定壁紙配信という構成でお送りします。

 

・記事の中にはストーリーのネタバレやスクリーンショットが含まれる場合がありますので、お読みいただく際はご注意ください。

 

・記事の内容はあくまでもライター個人の見解によるものであり、公式が選ぶ代表セリフのような意味合いはありません。

 

記事のスクリーンショットの拡散や、無断転載はご遠慮ください。URLを載せていただくか、記事の下部にあるシェアボタンをご利用いただければ幸いです。

 

お誕生日記事一覧へ
 

明星スバルプロフィール

CV 柿原徹也
学年/クラス 2-A
部活 バスケ部
身長/体重 170cm/55kg
血液型 O型
誕生日 6月22日
実家の家族構成 母・犬
お気に入り お金(キラキラしたもの)
嫌い 狭くて暗いところ
趣味 大吉の散歩、渾名の命名
特技 ヒップホップダンス
キャッチコピー キラキラ笑顔の一等星
説明 いつも明るく楽天的なムードメーカー。同じクラスの北斗、真とよく行動を共にしている。自覚はないものの、アイドルとしての才能を秘めており、ステージでは片鱗を覗かせている。柴犬の『大吉』を飼っている。ユニット『Trickstar』に所属。

 

 

たまおが(勝手に)選ぶ名セリフ3選:明星スバル編

 

もうそんなの、ちがう生き物だよね だから誰も、友達になってくれないのかな

【追憶*春待ち桜と出会いの夜】より

 

明星スバル名セリフ3選、まずはこちらから。ちょっと哀しいセリフですが、よりしっかりと内容をお伝えするため、少し前のところからご紹介します。

 

「『才能』って嫌いな言葉だな~。それって、そんなに大事?それがないと生きていくこともできない、内蔵か何かなの?どっちかっていうと、俺にとっては他の誰も持ってない内蔵をひとつ余計にくっつけられちゃった感じかも もうそんなの、ちがう生き物だよね だから誰も、友達になってくれないのかな」

 

 

スバルは『あんさんぶるスターズ!』における、いわゆる主人公的なポジションのアイドルです。勧善懲悪の体をとっている(のちにそれだけではないことがわかりますが)メインストーリーでの『善』のポジション。でも彼は物語の中心でありながら、かなりあとのほうになるまで「実は何を考えているの?」というのがよくわからない人だったように思います。いつも底抜けに明るくて、前向きで元気いっぱい。影や暗いところを感じさせない、というより意図的にそういうマイナス部分を出さないようにしているように見える。だから正直、主人公枠なのに感情移入がしにくいところもあったかもしれません。

 

いま挙げたセリフは、彼が一年生だったときのものです。このころの彼は他人と話す機会が少しでもあれば、それはそれはうれしそうな笑顔を見せてくれていました。彼にはずっと友達と呼べるものができず、それを自分の生まれや才能(なんでもできると思われるし、実際できてしまう=人とは違う)もあるのだと考えていました。

 

このころのことを語った、メインストーリーでのセリフもご紹介します。

 

「泣いてるより、笑ってるほうがいい。暗いより、明るいほうがいい 鬱々しているより、キラキラしているほうがいい!(中略)​みんなが俺と同じなんだと思って、笑おう楽しもう、はしゃごう輝こうって、言いつづけてた 今も、その癖は抜けない。そういうのが重荷になるひともいるって、ホッケ~たちに教えてもらえたのに  わかんないんだよね、まだ実感できない それは、ちょっとだけ哀しい。これが、たぶん『哀しい』ってこと。俺は、その感情を知らなかった」

 

それでも普段、人前ではできるだけネガティブな感情を出そうとしないスバル。彼の孤独なモノローグは、とても深くこちらの胸に刺さります。

 

 

 

生徒会のせいで、夢ノ咲学院の仕組みのせいで、優しいあの子が泣かなくちゃいけないなら 俺はそんなもの、何もかもすべて、ぶっ壊してやりたいよ

【メインストーリー】より

 

またしてもちょっとつらい感じのセリフですみません。でも今回は、普段はなかなか表れないスバルの本音も拾っていきたいなと思い、こちらを選びました。これは【メインストーリー】の中でもかなりの衝撃だった、39話からのものです。

 

先ほどご紹介した【ロケットスタート】のセリフでは、スバルの喜怒哀楽の『哀』が見えたように思いました。彼は当時その感情を「知らなかった」と言っていましたが、スバルという人はもともと『光』の世界の住人、まさに主人公気質のようなものを持って生まれてきたような気がします。見ないふりをするわけではないけれど、哀しいことやつらいことにフォーカスする性質ではないというか。つねに希望や光、明るいほうを向いて生きている人のような印象があります。

 

いま挙げた2選目【メインストーリー】でのセリフは、そんな光属性の彼に『怒』の感情が芽生えた瞬間のような気がしました。もちろん、それまでの人生で彼が一度も怒ったことがないとは思いませんが、理不尽さや、この世界にはどうしようもなく乗り越え難い障害もあるということを目の当たりにして、ただ哀しいだけでなく悔しさに涙を流したように見えたんです。けれどそれならば、自分の正義で戦うこともできると気づいた瞬間なのかもしれないと。

 

彼がネガティブな感情をなかなか表に出さないのは、性格もあるとは思いますが、やっぱり『笑顔が好き』だからだと思うんです。偉大なアイドルであり、大好きだった父の笑顔。優しい母の笑顔。それに囲まれた自分の笑顔の記憶。それはあまりにも輝いていて、その後の彼を襲った『隠れるようにして暮らさねばならなかった時期』の、寒くて寂しくて暗闇みたいな世界には二度と戻りたくない、という感情からきているのもあるかもしれません。

 

『知る』ということは、ものごとを前に進めていくための第一歩なのだと思います。喜びを知る、怒りを知る、哀しみを知る、楽しさを知る。自分を知らなければ相手のこともわからないし、人のことがわからなければ、この世界のこともわからない。孤独な星のようだったスバルは、そうやって少しずつ世界を知ろうと空から地上に降りてきたような、そんなイメージがあります。

 

 

 

みんなも一緒に歌ってね!世界中に響かせようっ、俺たちのアンサンブルを!

【奇跡☆決勝戦のウィンターライブ】より

 

『哀』『怒』ときて、ラストは『喜』と『楽』の極みのようなセリフを選びました。でも実は私がこれを選んだ理由はそれだけではなくて、ここでは『みんな』で歌う『俺たち』のアンサンブル、という言葉が何か重要な気がするというか、グッときたからなんです。


本作が「あんさんぶるスターズ!」というタイトルなのもあり、さまざまなストーリーの中に「響かせよう僕たちのアンサンブルを」的なセリフがよく出てきます。スバルだけでなく、いろんなアイドルたちが言っているのは皆さまもご存知の通り。

 

中でもスバルは主人公枠のせいかこれまでも比較的多く言っている気がするんですが、いままで私はスバルの言う『俺たちの』というのが、ステージの上の自分たちのことを指していると思っていたんです。でも、なんとなくそうじゃない気がしてきて。

 

彼は独りぼっちの時間が長かったためか、何をするにも『みんなで』という点にこだわっているように見えます。こだわっているというか、ひとりじゃ駄目なんだ、みんな一緒でなければ意味がないんだと。楽しいときも、つらいときも、障害を乗り越えることに対しても、すべてにおいて。

 

【追憶*春待ち桜と出会いの夜】より

 

【リメンバー 真夏の夜の夢】より

 

【軌跡★電撃戦のオータムライブ】より

 

【スカウト!冬の初詣】より

 

それこそ【メインストーリー】では、Trickstarが解散危機に陥ったとき、スバルだけが(不可抗力のメンバーもいましたが)その場に残って何が起きても動こうとしませんでした。みんなが帰ってきてくれたときのため、たった独りでもここを守ると。

 

その理由は、1選目でご紹介した【メインストーリー】のセリフの続きに表れているように思います。ちょっと長いのですが、本当に素晴らしいセリフだなと思うのでぜひお読みいただけたらと思います。

 

 

「痛みに気づかなくて、でも傷ついていて……俺の心は変な具合に歪んで、おかしくなってた。それに気づかせてくれたのが、ホッケ~たちなんだ 大事な仲間だ、俺の人生を救ってくれた。だから恩返しがしたい(中略)むかし、教室のなかで独りぼっちでピエロみたいになって言いつづけてたこと……俺自身だけでも肯定しないと、むかしの俺があんまりにも可哀想だ だから、これは自分のためだ。俺は、まず過去の自分を肯定する それから、仲間たちに恩返しをする 最終的に、全世界にキラキラした夢をまきちらしてやる 輝かせてみせるよ、この世界のぜんぶを!」

 

この人は、自分を犠牲にしてみんなを幸せにする!なんて言わないところがほんとうにいいなと思うんです。だってもしスバルが犠牲になってしまったら、それはみんなにとっての幸せではなくなってしまうから。

 

独りぼっちが4人のユニットになり、ユニットが集まって学院になり、学院が集まって日本中のアイドルたちになり、そこに観客が集まって、たくさんの人になる。3選目にしたセリフで言っている『みんなも』というのはきっとそこに集まってくれた、いやもっと言えば世界中のひとたちのことを指していて、『俺たち』はステージで歌う彼らだけでなく、声を合わせて歌ってくれるすべてのみんな、ということなのかなと思いました。みんなの歌声が、世界の隅々まで届くように。どこか遠くにいる、孤独に膝を抱える誰かのところにも届くようにと。

 

いつか『今さえ楽しければいい』と言っていたスバルが、みんなと出会ってスタートラインに並び、走り出し、夢に手が届き、このままずっと先の未来まで一緒に行こう!と。そんな輝きを感じさせる感情が、あのセリフに込められているような気がしました。これも個人的にすごく好きな、SS(【ウィンターライブ】)後のスバルの言葉にもそれは表れている気がします。

 

【太神楽!祝いのニューイヤーライブ】より

 

孤独な星が星座になって、アンサンブルを響かせる。なんだかほんとうにいつか、世界中がキラキラに包まれる日がくるかもしれない。スバルはそんな、夢みたいなことを信じさせてくれるアイドルだなと思いました。

 

 

 

 

おまけ:名付け親・スバルのあだ名コレクション

 

スバルといえば、「えっどこから来たのその呼び方!?」と思わせておいて、一瞬考えると「あ、なるほどね」と納得できるあだ名づけが有名です。というわけでこちらのおまけでは、その数あるあだ名の中から独断と偏見でベスト5(インパクト的な意味で)を決めたいと思います。異論は受け付けます。なお今回、Trickstarのメンバーは除外とします。ではいってみましょう!

 

 

第5位 瀬名泉/ワカメさん

【スカウト!ブティック】より

 

これはメインストーリーで真の誘拐騒ぎがあったとき、スバルが泉に「うるさい!いいからウッキ~をだせっ、ワカメみたいな頭しやがって!」と言ったのが由来ですね。というか本名まったく関係なかったですねこのあだ名……

 

 

第4位 椚章臣/ヌギヌギ先生

【リメンバー 真夏の夜の夢】より

 

椚(くぬぎ)だからヌギヌギ。まあわかります。わかりますがインパクトが強すぎる。衝撃という意味では正直ナンバーワンかも?と思いましたが、人前で呼びづらいということでこの順位にいたしました。

 

それでは第3位……の前に!

 

 

番外編 三毛縞斑/ミケジママダラ

【躍進!夜明けを告げる維新ライブ】より

 

かなり新しいイベントから拾ってみました。ママと呼べ、と本人が言っているのに頑なにフルネーム呼び。むしろ珍しい。でもなんとなく口に出して呼びたくなりますよね「ミケジママダラ」って。ちなみにこのあとは「三毛縞先輩」と、いたって普通の呼び方になりました。

 


ではランキングに戻ります。ベスト3!

 

 

第3位 七種茨/バリ~

【軌跡★電撃戦のオータムライブ】より

 

ここで他校アイドルがランクイン!茨(いばら)だからバリ~。理解はできるんですが、なるほどそうきたかという変化球ですね。ちなみにスバルのつけるあだ名における「―(伸ばし棒)」は、ぜんぶ「~」表記です。ホッケ~、ウッキ~、サリ~も然り。ここ、かなり重要なポイントです。

 

 

第2位 朱桜司/キャシ~

【スカウト!冬の初詣】より

 

これはまたさらなる変化球です。司(つかさ)→かさ→キャシ~。まあ納得はできますが、若干の力技感もありますね。ちなみにこの初詣ストーリーでは歯に衣着せぬ司の物言いとスバルのカンストしたスルースキルというかなり高度な会話が見られます。おすすめです。

 

 

さて、栄えある第1位は!

 

 

第1位 紫之創/しののん

【迷い星*揺れる光、プレアデスの夜】より

 

栄えある第1位はしののんに決定いたしました!紫之(しの)だからしののん。単純ではありますが、夢ノ咲ファンへの浸透力を考えるとこれがやっぱりいちばんかなあと。だってしののん呼びしてる方多いですよねきっと……?あだ名と本人の雰囲気がガッチリとかみ合った、至高の一品でございます。

 

 

 

『スバル』というのは、彼のお父さんが名付けたそうです。プレアデス星団の和名なんですよね。小さな星たちが集まった美しい星団。由来である『統(す)ばる星』とは、結ぶとかつながるとか集まったというような意味があるのだそうです。

 

彼の目に、ステージの上の仲間たちと観客たちの笑顔が星空みたいに映って、自分も永遠にその一部なのだと感じてくれたらいいなと思います。そして消えない星空が、この先もずっと輝いているように。そんなふうに、願っています。


 

 

 

HAPPY BIRTHDAY、SUBARU AKEHOSHI!!

 

 

そんなこんなで明星スバルBDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 

Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

 

祝★明星スバルBD!シェアしてね♪壁紙ページへお誕生日記事一覧へ

 

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、アイドルたちへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!

 

お誕生日特別企画へファンページTOPはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。