ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

 

ご注意

・当ゲームギフトファンページお誕生日企画では、担当ライター・たまおによる(勝手に)選ぶ名セリフ3選記事&ここだけの限定壁紙配信という構成でお送りします。

 

・記事の中にはストーリーのネタバレやスクリーンショットが含まれる場合がありますので、お読みいただく際はご注意ください。

 

・記事の内容はあくまでもライター個人の見解によるものであり、公式が選ぶ代表セリフのような意味合いはありません。

 

記事のスクリーンショットの拡散や、無断転載はご遠慮ください。URLを載せていただくか、記事の下部にあるシェアボタンをご利用いただければ幸いです。

 

お誕生日記事一覧へ
 

大神晃牙プロフィール

CV 小野友樹
学年/クラス 2-B
部活 軽音部
身長/体重 174cm/58kg
血液型 A型
誕生日 7月18日
実家の家族構成 両親、犬
お気に入り 鈴・鳴りもの
嫌い 可愛いもの・匂いがキツイもの
趣味 カードゲーム
特技 エレキギター
キャッチコピー 孤高の荒くれオオカミ
説明 大胆不敵で自由奔放。自称『孤高の狼』。鼻が利くため、においの強いものは苦手。一人暮らしでコーギーの『レオン』を飼っている。スバルの愛犬『大吉』と仲が良い。零をいつか倒すことを目標としている。ユニット『UNDEAD』に所属。

 

 

たまおが(勝手に)選ぶ名セリフ3選:大神晃牙編

 

(いいんだ、俺は独りでも)

【追憶*春待ち桜と出会いの夜】より

 

孤高の荒くれオオカミ!大神晃牙・名セリフ3選です。彼は最初のメインストーリーからガッツリ登場していますし、これまでに描かれたイベントも多いため実にたくさんのセリフがあったのですが、なんというか別の意味で選ぶのに苦労しました。

 

というのも、彼は資質や行動原理のようなものが非常~にシンプル極まりないからなんです。自分の中のルールと好き嫌いがものすごく明確で、なにごともそれに合っていればYES、それに少しでも外れるようならNOという具合。悪い意味に捉えていただきたくはないのですが、ある意味すごく動物に近い印象なんです。だから、心の奥から絞り出された言葉というか、本音のようなものがあまり現れてこないように感じます。むしろこの「彼にとってアリかナシか」だけが偽りない本音なんじゃないかと思うので。

 

というわけで今回は、俺様っぷりは首尾一貫しているようでいて、実は彼もまた夢ノ咲での1年で大きく変化したというのが伝わるようなものを選んでみました。前置きが長すぎてすみません……。


彼はよく「俺様は孤高の狼だ」と言います。群れから離れた一匹狼的なニュアンスです。けれどこの、彼が一年生の時の「いいんだ、俺は独りでも」というモノローグを聞くと、孤独であることは本意ではなかったような気がします。セリフではなく、モノローグであるのも余計にそう思わせます。これは勝手なイメージですが、彼の大好きなイギリス(個人的にはあのバンドとかあのバンドあたりが好きなんじゃないかと思いますが)のミュージシャンのように、一緒に馬鹿騒ぎができるかけがえのない仲間と呼べる誰かと、ほんとうはずっと出会いたかったんじゃないかなと。

 

【生け贄 不死者たちの復活祭】より

 

で、実際に「この人だ!」と思える人と出会ったわけですね。

 

【追憶*それぞれのクロスロード】より

 

ここで言う「見つけた」というのは、彼が憧れてやまない朔間零のことなんですが、このあと彼は「あの人(零)に近づくために努力をつづければ、俺は今よりマシな俺になれる!」と続けます。あまり表には出しませんが、彼も今のままの自分でいいと思っていたわけではなく、「より良い自分になりたい」という欲求があったわけです。そして自分がついていきたいのは、決して手の届かない宇宙の果ての星ではなく、そばでその熱を感じられる誰かであってほしかったのだろうなと。

 

また、(見落としていたら申し訳ないのですが)彼は「独りでいい」「独りでもいい」とよく言いながらも、あまり「独り『が』いい」とは言っていないんじゃないかなと思うんです。愛されたい欲求ではなくて、彼は自分のなかに燃えたぎる熱をぶつけられる、愛するべき対象がほしかったのかもしれないなと。そしてそれが、彼にとってかけがえのない仲間と呼べるものになる……ということで、この流れで2選目へ。

 

 

 

まだまだ暴れまわろうぜ、世界のすべてをぶち壊しちまうぐらいにさ!それでぜんぶ俺たち好みの愉快なもんにつくりかえちまうんだよ、一緒に!

【生け贄 不死者たちの復活祭】より

 

これも時系列的にはそこそこ最初の頃になります。晃牙が二年生、夢ノ咲での春の革命が起きてすぐあとの話です。

 

ここで注目したいのはやはり、『俺』ではなく『俺たち』、そして『一緒に』という言葉です。いやもうほんとに、常日頃から「俺様は孤高の狼」なんて言っている人とは思えない。ステージでは本音が出てしまうんですかね?そういうところが晃牙の愛すべきところのようにも思いますが、つまりはそれだけ、彼にとってのUNDEADという存在がいかに大切であるということでもあるように思います。


【生け贄 不死者たちの復活祭】より

 

【メインストーリー】より

 

いま貼ったセリフもそうなんですが、UNDEADとしてステージに上がっている限り、彼は「俺樣の歌」ではなくたいていいつも「俺様『たち』の歌」って言ってるんですよね……。

 

『あんスタ』に登場するアイドルにはたくさんの共通項があると思いますが、そのうちのひとつが「ひとりでは叶えられなかった夢も、仲間となら叶えられる」ということなんじゃないかと思います。そして2選目で選んだセリフをもう一度書き起こしますが、

 

「まだまだ暴れまわろうぜ、世界のすべてをぶち壊しちまうぐらいにさ!それでぜんぶ俺たち好みの愉快なもんにつくりかえちまうんだよ、一緒に!」

 

これを聞くと、これもまたひとつの『革命』なんじゃないかという気がしました。ぶち壊すのは世界であり、過去の自分であり、そういうものをぶっ壊して乗り越えて、もうひとつ上の自分を目指す。そしてその革命は、熱が感じられるくらいそばにいる仲間がいるからこそ起こせるもの。

 

独りでもいいと思っていた過去。そしていま、大切なものは『俺』から『俺たち』へ。晃牙が『俺様たち』って言うたびに、なんだか胸が熱くなるような気がします。

 

 

 

みんな、あんたたちには世話になった。守られて、愛されて、強く育ててもらったんだ 感謝してる。その返礼をしてやるぜ、嫌っていうほどにな!なんてったって、ホワイトデーは三倍返しが基本だからようっ♪

【衝突!思い還しの返礼祭】より

 

このイベントはね……外せるわけないですよね……。ということで名イベント中の名イベント、【返礼祭】から3選目を選びました。

 

先ほども書いたとおり、今回の(勝手に選ぶ)名セリフ3選では、テーマを「ずっと変わらないように見える晃牙も実は変化していた」ことを感じるものとしました。

 

1選目は『独りでもよかった』
2選目は『俺』が『俺たち』になった
そして3選目は、心を伝えるということ。

 

心を伝えるということは、相手が手の届く距離にいるということです。ただ一方的に憧れるというだけでなく、もっと近いコミュニケーション、確かなつながりを持てたということなのかなと。

 

と言いつつ、3選目にしたセリフは非常に穏やかな言葉と表情ですが、これに至るまでもいろいろ悶着あったんですよね。この場合のお礼というのは「おまえをぶっ倒す!」ということを指しているわけなので。


【スカウト!拳闘の四獣】より


こちらは、紅郎という憧れの存在をずっと追いかけていた鉄虎に対する言葉です。この一連のセリフもすごく重要だと思うので、もう少し長めにご紹介します。


「腹が立つぜ、テメ~を見てるとよう。憧れて真似したって、『本人』になれるわけじゃね~んだぞ 絶対に、『本物』にはなれね~んだ 大好きなひとから輝きを毟り取って、時間を無駄にさせて、奪って盗んで貶めることしかできね~んだよ そんな邪魔くせぇ、鬱陶しいガキに傍にいられても迷惑だろ(後略)」


その場にいたひなたにも「誰の話をしているんだろうね」なんて言われていましたが、おそらくそのとおりで、これは零に憧れている晃牙自身のことでもあるのだろうと思います。だからこそ一人前の男だということを証明するために、『三倍返し』をするのだと。強く育ててもらった恩を、愛を、倍以上にしてお返ししてやるよと。それだけ受け取ったものは自分にとって大きかったんだということを伝えるために。


【衝突!思い還しの返礼祭】より

 

晃牙が零の待つこのステージまで上がってこられたのは、ほかのユニットのみんなが後押ししてくれたからです。ここでもまた晃牙のセリフは俺『たち』なんですが、その言葉と笑顔には泣かされました。ほんとうに、今まででいちばん幸せそうだなあと。

 

 

 

 

おまけ:常識人・大神晃牙コレクション

 

これをお読みいただいている方はすでによくご理解されているかと思うのですが、晃牙ってすごく『まとも』なんですよね。言動や行動は荒っぽく見えても、常識というものをしっかり理解してる人だと思います。彼の持ち前の優しさや礼儀正しさはすぐには伝わってこない場合もありますが、ふと見せるからこそ輝くのだ!というわけで今回は、いかに晃牙が(実は)気づかいのできる人であるかというのをご紹介していきたいと思います。

 


【羽風薫ストーリー「少年と海」】より

 

偶然海岸で出会った薫といつものように言い争いをしながらも、普段より元気がないことを感じた晃牙がかけた言葉。これいいですよね……優しさに包まれますね……。心配していることを「心配してる」って言わなくてもちゃんと伝わるんだなあと。

 


【生け贄 不死者たちの復活祭】より

 

このふたり絶対気が合わないよな~と思ったらやっぱり合いませんでした。でも、颯馬が入れてくれたお茶を「飲むけどさ」じゃなくて「いただくけどさ」と言うところが最高なんですよこれは……。実は晃牙って育ちがいいのでしょうか?礼儀と相手を敬う気持ちが表れているとは思いませんか。私は思います。

 


【スカウト!千夜一夜】より

 

UNDEADファン必須テキスト【千夜一夜】より。このセリフ好きなんですよ。眼鏡モヤシというわりとひどい感じのあだ名との優しい行動のギャップですかね?なんだかとてもいい。眼鏡モヤシも感謝していると思いますきっと……。

 


【スカウト!拳闘の四獣】より

 

普段は言葉が荒くても、軽音部の仲間ということもあって、葵兄弟にはなにかを気を配る言葉をかけてやる晃牙の姿が見られます。こうしてみるとちゃんと『いい先輩』してますよね。

 


【スカウト!カードバトラー】より

 

というわけで晃牙の『先輩ぶり』が輝く(?)セリフその2はこちら。そりゃ相手がわけもわからず泣き出しちゃったら慌てるのも無理はありません。晃牙はきょうだいがいないはずですが、もしいたらこんな感じのお兄ちゃんになるんでしょうか。最高ですね。

 


【燦爛 ホットなホリデーパーティ】より

 

晃牙の先輩ぶりが輝くセリフその3はこちら。実は彼がいい先輩している場面はほかにもけっこうな数あったんですが、こちらは缶コーヒーというさりげない優しさと気づかいがポイント高いなと思いチョイスしました。こんなんうっかり惚れてまうんじゃないだろうか……。

 

 

 

実はいい人とか優しいとか、そういうことを言われても喜ばないだろうな、というのも晃牙の魅力のような気がします。でも、最高の仲間ができて良かったねと言ったら、あたりまえだろ俺様なんだから、とかなんとか言いそうだなあという気もします。

 

 

その魂は、絆はなくならない。なぜなら『彼ら』はUNDEAD(不死)だから。
……なんてことを、思ったりしました。
 

 

 

 

HAPPY BIRTHDAY、KOUGA OGAMI!!

 

 

そんなこんなで大神晃牙BDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 

Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

 

祝★大神晃牙BD!シェアしてね♪壁紙ページへお誕生日記事一覧へ

 

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、アイドルたちへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!

 

お誕生日特別企画へファンページTOPはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。