ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
幻獣契約クリプトラクト

幻獣契約クリプトラクト

Bank of Innovation, Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

キャラクター人気投票・第15回開催!【キャラ紹介編】

『幻獣契約クリプトラクト』恒例企画、キャラクター人気投票の第15回が開催決定!

 

今回の新規エントリーではスキル性能のみならず、ステータス面においても一癖も二癖もある食えない新顔が揃い踏み。
さらに今回は人気キャラの水着版まで参戦しているため、今度ばかりは[裁く者]ハウラの王座防衛も危うい!?

 

[船長]エーゼルワルト

 

本人気投票では初となる、特殊能力・孤軍奮闘を備えたアタッカータイプのユニット。

孤軍奮闘は味方ユニットの数が少ないほど与えるダメージが増加するスキルなので、この効果を上手く狙っていきたい。

 

とはいえ単独で戦うとなると、今度はフォーススキルの火力アップ条件である、半分以上のHPの維持がやや厳しい。
リーダースキルや再生の特殊能力もあって耐久性は悪くないので、危なくなれば「巡る季節の歌」で味方を蘇生させる、ちょっと薄情な戦い方が効果的かも?

 

 

[蹴接待]ギャリソン

 

実にダンディな風貌が特徴の、毒付与および蘇生予約スキルを両取りした万能型のユニット。
毒付与の連撃スキルを軸に立ち回り、味方が落ちかけた際に蘇生予約スキルでカットに入る……というのが理想的な動きだろうか。

 

特殊能力・水属性耐性のおかげで本来有利不利の関係にない水属性に強いため、この点を買って対水属性編成にはめ込むのもありだろう。
本ユニットが必要となる編成は限られるものの、上手くハマればサブアタッカーとして、面白い仕事をこなしてくれるはずだ。

 

 

[浮遊少女]シャンゼリゼ

 

MAXでも攻撃力が1,000ちょっとという、超ピーキーなステータスを持つサポート型ユニット。
そんな攻撃力じゃ火力の足しにならない! とお思いかもしれないが、CT0で回せる「食器磨き」こそが本ユニットの目玉である。

 

特殊能力・リバースのおかげでスピードダウンの代償はスピードアップのバフと化し、さらにCT短縮もできるコスパに優れたスキルがCT0で! これはお買い得!
ついでにバフ剥がしや便利な飛行まで兼ね備えており、サポート役としては非の打ち所がない完成形ユニットと言える。

 

 

[夏空]テイル

 

当ランキングではすっかりお馴染みとなった、テイルの水着版。
代償効果付きとはいえ、攻撃力と一緒にクリティカル率まで上昇させてくれるバフスキルも相変わらずである。

 

合わせて先制の特殊能力も据え置きなので、味方の行動前に確実にバフを張れる点も評価すべきポイントだ。
また新たに獲得した連撃の特殊能力もあって、バフ展開後は本人も火力担当が務まるあたり、今回の新規エントリー勢の中では屈指の強ユニットと言えるだろう。

 

 

[夏空]メープル

 

クイック付与とバフ剥がしを兼ね備えた、完全サポート型のユニット。
ステータスとスキル構成がどちらもシャンゼリゼに似通っているが、こちらはクイック付与が持ち味となっており若干趣が異なる。

 

クイックを選ぶかCT短縮を選ぶかが使い分けの最大の焦点となるため、自編成を踏まえたうえで最適解を選ぶようにしよう。
もちろん先制や麻痺耐性など、シャンゼリゼとは明確に異なる特殊能力を考慮して編成に組み込むのも、ひとつの方法だぞ。

 

 

[夏空]ロウリー

 

回復付き攻撃と防御無視攻撃を併せ持つ、器用なアタッカー型ユニット。
どちらもCT3とそこそこ早いクールタイムとなっているので、回転率を踏まえた火力はまずまずといった具合だ。

 

なお「風狼の遠吠え」は代償として自身のCTを遅延させる効果を持つが、CT遅延耐性のおかげでそこまで致命的な代償にはならない。
「風狼の遠吠え」で自身のHPを高く維持しつつ、防御無視の「ウルフ・ファング」を主軸に立ち回るようにしよう。

 

 

[無垢の子]グレーテル

 

特殊能力・呪い攻撃に加えて呪い付与のフォーススキルまで備えた、呪いのスペシャリスト。
さらには円環やリバースなどトリッキーな特殊能力にも恵まれた(?)、非常に癖の強いユニットである。

 

またフォーススキルは攻撃と回復どちらも強力ながらCTが長めなため、CT短縮スキルを持った味方のサポートが欠かせない。
できればリバースも考慮したバフ体制を敷きたいところなので、編成面においてはかなりの上級者向けユニットと言えるだろう。

 

 

[不遇の子]ヘンゼル

 

リバースという母から生まれたと言っても過言ではない、味方にデバフをばら撒きながら戦うユニット。
その代償効果も自身の防御力だったり味方のスピードだったりと、リバースが無いとパーティ崩壊の原因にもなりかねない凄まじさである。

 

逆に言えば、リバース持ちを揃えることでその代償効果を全てバフ効果へと変換できるので、その場合は強力なバフアタッカーになりうる。
リバース持ちが揃うまでは完全活用が難しいが、リバース編成が完成したあかつきには、実に頼もしいユニットになってくれるだろう。

 

 

[悪魔庭師]フェイレス

 

今回の新規エントリー勢の中で、最もバランスの良いステータスを持つサポート型ユニット。
高いスピードはそのままにまずまずの攻撃力も兼ね備えているが、攻撃スキルを持たない点は注意したい。

 

CT0で回せるCT短縮スキル「カース・カモミール」が大きな魅力だが、特殊能力・闘争本能によって「剪定の時間です」の回転が良くなる点も見逃せない。
闘争本能の発動率にもよるが、バフを張られたらすぐに剥がすぐらいの心づもりで、徹底して有利な状況を作り出すことに専念しよう。

 

 

[凛光の乙女]ベルベット

 

一見すると頼りない攻撃力を持つ、大器晩成型かつ長期戦向けのアタッカー。
攻撃的なスキル構成とは裏腹に、目を疑うような低さの攻撃力がネックとなるが、そこはボルテージでの上昇に期待したい。

 

幸い2回行動[弱]の特殊能力も併せ持っているため、ボルテージのみの他ユニットと比べれば、攻撃力の上昇は遥かに早い。
最大の課題はむしろ異常に低いHPなので、編成する際は手厚い回復を心がけるようにしよう。

 

 

[暖海の乙女]カリン

 

味方単体の攻撃力を大きく引き上げるギガバフ「水の波動」と合わせて、一撃の重さが光るユニット。
なかなかのハイスペックに加えてリーダースキルの上昇率も良く、攻撃面では言うことなしの性能を誇る。

 

特に「武王八散花」は代償付きではあるものの防御無視の8連撃と、ダメージソースとしては十分な威力。
しかもCT2と比較的早く回せるので、闘争本能でそのCTをさらに短縮しつつ、必殺の連撃を高回転で叩き込んでいこう。

 

 

[朝凪の乙女]ソルティ

 

本人気投票では久しぶりの登場となる、反射スキルを備えたユニット。
反射スキルの発動時に味方に毒を付与してしまうため、このデメリットをどう軽減、あるいは無効化するかが活躍のカギとなる。

 

……とは言うものの、「応急修理」で味方全体の回復が行える点を考慮すると、毒付与もそれほど大したデメリットにはならないだろう。
ただし毒状態をキーに威力が倍増するスキルを使用するボスも一部存在するので、そういった敵を相手にする際は注意が必要だ。

 

 

[仮面の神子]リティシア

 

今回はサポート型のユニットがすでに何度も登場しているが、こちらは手数を増やすことに特化したユニット。
2回行動[弱]に後押しされたフォーススキルでのクイック付与で、パーティ全体の行動回数が飛躍的に向上するのが大きなメリットだ。

 

加えて低確率ではあるが麻痺効果付きの連撃スキルも備えているため、クイック付与のCT中に相手を足止め……なんて芸当も可能。
倍率がやや低いため火力面での貢献は控えめだが、味方の行動回数アップ=火力アップ効果を考えると、十分お釣りが来るユニットと言えるだろう。

 

 

[魔女]エルヴィー

 

かつて本人気投票でグランプリを獲得した、[死霊使い]エルヴィーのアナザーバージョン。
目玉であった自動蘇生スキルも健在、他のスキル構成もほぼ同じと、使い勝手があまり変わらないのが嬉しいところ。

 

大きな違いは特殊能力・再生を失った代わりに、闘争本能[弱]・水属性耐性を獲得したことである。
ついでに属性も樹属性に変更されているので、水属性に対して一方的な有利が取れる点は、編成時には大きなアピールポイントになるだろう。

 

 

[北の少女]アンリ

 

過去の人気投票に登場した[東土尊]ヤマトタケルに続く、麻痺の神様に愛されたユニット第二弾。
ヤマトタケルが麻痺回避に特化していたのに対し、こちらは麻痺付与に特化したスキル構成となっているのが特徴だ。

 

「氷溶かす怒り」の"数撃ちゃ当たる作戦"で麻痺をばら撒くも良し、「ペインフレイム」で狙って麻痺させるも良し。
おまけに麻痺攻撃の特殊能力も会得しているので、上手く麻痺が入ればとんでもない戦果を上げることも可能な、ロマン溢れたユニットと言える。

 

 

[機械翼]フリューゼル

 

そしてこちらが[東土尊]ヤマトタケル、[北の少女]アンリに続く、麻痺の神様に愛されたユニット第三弾である。
麻痺回避と麻痺付与のいいとこ取りのスキル構成に加えて特殊能力も優秀なものが多く、なかなかの強ユニットと言える。

 

最大の欠点は麻痺の神様に愛されすぎたあまり自分にも麻痺効果が飛んでくるという、ちょっとお茶目なところ。
リーダースキルで回避できるとは言え、実質的には編成に制限が加わるも同然なので、編成時はその辺りにも注意していただきたい。

 

 

[流星砲]ルーメン

 

石化付与攻撃と全体回復を併せ持ちながら、どちらも代償が付属するというなかなか癖のあるユニット。
その一方で石化耐性・麻痺耐性など耐性系の特殊能力に恵まれているため、ボスの使用スキルなど状況によっては、十分編成候補に上がってくるだろう。

 

攻撃の軸となるのはやはり「ジオメトリーコメット」。超高確率の石化付与ならHP25%も悪くない代償だろう。
逆に「活動エネルギー転換」は毒付与効果から言って、実際の回復率を少なく見積もる必要がある。こちらは万が一の際の保険として考えておこう。

 

 

[機械鎧]シャール

 

そして今回の新規エントリー勢のトリを務めるのは[機械鎧]シャール。ハードな見た目だが中身はしっかり美少女なので安心されたい。
防御バフに偏った潔いスキル構成が特徴で、「超硬度の機械鎧」の効果量はなんと防御力400%アップにも及ぶ。

 

ただし忘れてはならないのは、本作には防御無視スキルがあるということ。相手によっては完全に強みが潰されてしまうため、編成には細心の注意が必要だ。
前述した防御アップのギガバフはもちろん蘇生スキルも大きな魅力なので、本ユニットに関しては活躍できる舞台を整えてやるのが、プレイヤーに課せられた最も大切な仕事と言えるだろう。

 

 

本人気投票もとうとう15回目、こう長々と人気投票の結果を追っていると、今回ほどストーリー性を感じるエントリーも初めてである。
最近の[修道少女]テイルの奮戦にあてられたサポート型ユニットが、大挙して駆けつけたように見えなくもないからだ。
テイルが灯し続けたサポート型の火がついに輝くのか、それともその灯火もハウラによって裁かれてしまうのか……?
どっちに転んでも、アツい結果になることは間違いないだろう。

 

言うまでもなく今回も☆5は、欲しいユニットランキング上位キャラのみ登場するガチャの実装が予定されているぞ。
結果発表の日を楽しみにお待ちいただきたい!

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Bank of Innovation, Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。