ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
幻獣契約クリプトラクト

幻獣契約クリプトラクト

Bank of Innovation, Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

キャラクター人気投票・第16回開催!【キャラ紹介編】

『幻獣契約クリプトラクト』恒例企画、キャラクター人気投票の第16回が開催決定!

今回の新規エントリー勢もバリエーション豊かな顔ぶれで大賑わい。一挙、18名の新顔をご紹介!

この中から、前回の第15回で王座に輝いた[仮面の神子]リティシアに代わる新王者は生まれるのか……!?

期待のニューフェイスを早速チェックしてみよう!

 

[蒼雷]ソラリス

 

自身のスピードもなかなかのものだが、リーダースキルで[ドラゴン]ユニットのスピード底上げが可能。

中確率で麻痺を付与するフォーススキルの使い勝手が非常に良く、特殊能力「孤軍奮闘」の効果も相まって、単体での殲滅力はかなりのもの。

しかもこれが初実装となる、敵全体に複数回攻撃できる「全体複数攻撃」のスキルとあって、このフォーススキル1本だけでもランキングに与える影響は非常に大きいと予想される。

1の祝福やダメージ軽減バリア対策として、今後の活躍に期待大だ。

 

[先鋒部隊]ララッシュ

 

リーダースキルが[ランサー]と限定的ではあるものの、45%アップという数値に注目!

さらにフォーススキルにおいても500を超える単体攻撃と、こちらも優秀な数値を誇るが、自分自身に麻痺付与というデメリット付きであることは玉に瑕。

状態異常の回避や回復スキルを持つ仲間と組ませたい。

 

 

[戦場の蜂]ペネトラ

 

自傷効果つきではあるものの、高確率の麻痺付与能力が魅力。

耐久性に不安があるが、スピードが高い上にリーダースキルでさらに俊敏さをプラスできるため、”やられる前にやる”戦法が基本となる。
 

 

[魔女っ子]ペトラルカ

 

フォーススキルで石化付与、石化状態の相手への威力アップと、自身で威力アップが完結するスキル構成。リーダースキルも全員のスピードアップと、使い勝手が良い。

反面、目立った威力や効果を持たないため、やや地味な印象は否めない。

 

 

[恐怖の花形]オペラ


ランキングでは馴染みの常連顔となっている、オペラのハロウィン樹属性バージョン。

彼女のセールスポイントでもある、味方キャラのスキルを発動できる傀儡スキルは健在。

ただし自身のCTを遅延するデメリットは結構痛い。人気ランキングにどう影響するか注目だ。

 

 

[甘い寄り道]シトルイユ

 

防御力といい攻撃力といい、数値だけ見るとかなり頼りない印象。

しかしフォーススキルのCTが短く、2回行動持ちのため、回転が速くスキルを連発することが可能だ。

リーダースキルは少々ピーキーだが、闘技場などでは活躍してくれそう。

 

 

[幼魔姫]フランシール

 

汎用性が高く使いやすいリーダースキルに、超高確率沈黙つきの連撃スキル、CT短縮、2回行動にダブルキラーと、非常に優秀なスキル構成

さらに「リバース」で、攻撃力ダウンのデメリットもカバーできる点も高ポイントだ。

 

 

[闘争の魔]ドヴォルザーク

 

リーダースキルもフォーススキルも麻痺効果がからむ、麻痺のスペシャリスト

フォーススキルの超高確率麻痺付与はかなりの魅力。
一方で、リーダースキルにより自身への麻痺付与は回避できるものの、味方メンバーは麻痺付与の代償をガッツリくらってしまう点には注意が必要だ。

 

 

[耽美の魔]トワール

 

己を犠牲に他者をサポートする、ギガバフの使い手。

HP残量の管理に細心の注意を払う必要があるが、1の祝福持ちであることはせめてもの救いか。

 

 

[秘書官の卵]レベリア

 

俊敏さと手数の多さが魅力のアタッカー。元々のスピード性能とは裏腹に、リーダースキルやフォーススキル、ラッシュ、極めつきに先制の効果によって、先陣の座を譲らない。

停滞攻撃を持つため、他のスピード型ユニットへの対策も万全だ。

 

 

[秘書官の卵]ハンナ

 

スキル攻撃力アップのリーダースキルとボルテージにより、長期戦にめっぽう強い。特に、パラディンキラーにより対パラディン対策としては申し分の無い性能を誇る。

無敵付与も持っており、味方のサポートもバッチリ。

 

 

[秘書教官]メリシェ

 

リーダースキル、フォーススキルともに回復・蘇生と、分かりやすいヒーラーユニット。

確率ではあるものの、沈黙耐性や石化耐性によって安定性もアップ。

回復役として、さまざまな場面で汎用性が高い

 

 

[ファルスの王女]ユーリ

 

最初のターンに自身のHPを全回復、さらに全ての付与効果を解除するという特殊能力「護法結界」を持つ。

先制されてどんなにダメージをくらおうが、”後出しじゃんけん”で勝利できるというわけだ。

相手がスピードが高くてやっかいな状態異常を使ってくる場合に、真価を発揮する。

逆に言えばあえて相手に先に行動させたほうがオトクな上に、味方が先にバフをかけた場合に効果が解除されるので、活躍の場が限られると言えるかもしれない。

 

 

[皇都警備兵]パーチェ

 

上記ユーリと同じく「護法結界」を持つ、迎撃型ユニット

麻痺付きの攻撃スキルと、4ターンのCT短縮スキルを持ち、アタッカーとしてもサポーターとしても活躍できる優等生。

リーダースキルの効果もあり、闇属性対策として活躍してくれそうだ。

 

 

[従騎士]サイラス

 

ユーリやパーチェと同時に実装されたユニットだが、こちらは「護法結界」はナシ。

スピードアップに先制と、前者2人に対して真逆とも言える性能を持っている。

反射や石化で敵の攻撃を妨害する、さながら智力に優れた軍師といったところか。

 

 

[聖夜]ティアナ

 

ティアナのクリスマスバージョン(水属性)。

CT短縮、2回行動、1の祝福、スピードアップのリーダースキルなどはそのままに、火属性バージョンよりもさらにサポートに寄ったスキル構成となっている。

フォーススキルの4ターンCT短縮は、特に魅力!

 

 

[聖夜]ローラン

 

ボルテージと2回行動持ちの、強力なアタッカーユニット。
フォーススキルが防御力ダウンであることと、元々の防御力がそれほど高くないこともあるので、耐久性は心許ない。残りHP量には気を配ろう。

 

 

[聖夜]レイジー

 

特殊能力に雪だるま化攻撃を持ち、フォーススキルでキューコン化を付与するというトリッキーなユニット。強敵の妨害役として活躍してくれる。

スキルがどれも味方や敵の構成を選ばず、活躍の場が多い

 

 

あらたに投入された特殊能力「護法結界」により、妨害役・サポート役にスポットライトが当てられたという印象の今回。

味方や敵の組み合わせ次第で石ころにも宝石にもなり得るというやや玄人向きの顔ぶれであり、順位の予想がつかないところも興味深い。

この中から新たに王者として君臨するユニットが生まれるのか、それとも[仮面の神子]リティシアが2連覇を達成するのか、第16回キャラクター人気投票の行方に注目だ。

 

今回も☆5は、欲しいユニットランキング上位キャラのみ登場するガチャの実装が予定されている。
結果発表をお楽しみに!

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Bank of Innovation, Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。