ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

 

●チームを作るのはすべて人!まずは土台を作るためにレッツ視察!

 

 

視察は本作における試合前の準備段階。よくあるスマゲーと同じように達成度を上げていき、100%になったら次のチームの視察が可能になる。この視察を繰り返すことで監督としてのレベルを上げたり、新しい選手を獲得するのだ。

 

  ※Google Playに移動します。

 


 

本作では、欧州リーグのチームを1つずつ視察していき、全てのチームの視察が終わったら2周目、3周目と視察を繰り返していくことになるぞ。

 

 

注意したいのは、新しい選手を発見したからといって即、チームに加入してくれるわけではないということ。新しい選手を発見したら、名声ptを使用して交渉する必要があるのだ。

 

 

交渉では名声ptの使用量を選択でき、もちろん、使用する名声ptに応じて、スカウト成功率は上昇する。逆に、スカウトする選手のレアリティが高くなればなるほど、成功率は低くなる

なので、普段は名声ptの消費を抑えておき、欲しい選手強力なレア選手と出会ったときにのみ、溜まった名声ptを存分につぎ込むようにしたい!

 

 

具体的には、レアリティNの選手なら最低値の100ptでも加入してくれるが、レアリティRの選手となると失敗する可能性がある

交渉に失敗すると、また見つけ出すまでお預けになってしまうので、欲しい選手を発見したら確実に加入してもらえるよう、名声ptを惜しむことのないようにしよう

 

このポイントは、ゲームを初めてすぐの状態ならば、簡単なミッションをクリアするだけでガンガン溜まっていく!

レアリティRの選手を発見したら優先的に名声ptを投入していこう

 

 

もう一つ注意すべきは、運営ptの空きだ。これはカード枚数制限というよりも所持カード全体のコスト制限とも言うべきモノで、これがオーバーしている状態で視察を行っても、新しい選手を加えることはできない

 

スタメン・サブだけでなく所持カード全体の運営ptで計算されるので、「レアリティが高いからとりあえず取っておこう」という考えでいると、すぐに運営ptが圧迫されることになってしまうぞ。

運営ptは課金アイテムを購入するか、ログインボーナスリーグ戦で上位入賞を果たすことでも上限を増やすことが可能だ。

 

レアリティRの選手を見つけて溜めこんだ名声ptを投入しても、運営ptに空きがないとその時点で選手の発見自体がキャンセルされてしまう仕様なので、運営ptの空きの確認は絶対に怠らないように。

 

空きがない場合は選手を放出して名声ptに変えてしまうか、後述する強化材料にしてしまおう。

 

本作では視察でゲットできる選手は固定されており、視察先のチームの選手が入手できる仕組みだ。

こうしたスポーツゲームなら「贔屓のチームを自分で編成したい!」という願望が出てくるもの。

 

同じチームの視察でも何周目かによって手に入る選手が異なるので、特定のお気に入りチームの選手を集めたいなら2周目、3周目とどんどん視察を進めていく必要がある。

 

早いところチームを統一したいのはやまやまだけど、焦らずじっくりプレイするべし!

 

 

また、その視察エリアで入手できる選手およびフォーメーションを全て集めると、視察コンプボーナスとしてレアな選手を手に入れることが可能だ!

 

序盤の視察エリアでは1箇所につきレアリティN選手2人レアリティR選手1人フォーメーション1つの計4つのカードをコンプリートすれば、その視察エリアのチームのレアリティRの選手が手に入るぞ。

 

 

さらにクラブチームごとに選手名鑑をコンプリートすることで、スカウトチケットを手に入れることもできる。こちらはやや敷居が高いが、スカウトチケットはなかなかに魅力のある景品だ。

 

贔屓チームで揃えようと何週も視察している内に、案外名鑑が埋まってることも!?

 

 

これらの選手やフォーメーション以外にも、戦術カードが手に入ることもある。

 

次回の攻略で詳しく触れるが、本作では戦術カードは使い捨ての消耗品。1枚手に入れればそれでOKというワケではないので、複数枚所持しておくのがベストだ。

 

ちなみに入手できる戦術カードはエリアによって固定なので、足りない戦術カードがあれば手に入る場所で何度も視察を行うことで大量に確保することもできるぞ。

 


  ※Google Playに移動します。

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連ニュース

この記事を
シェアする!