ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード


今回は、ゲームを進める上で押さえておくべき3つのポイント、「スキル強化」「指揮官」「オークション」について徹底解説します!

 


生産施設は、ただ置くだけではダメ!

自軍ユニットを駆使して領地を拡大していくためには、各場所に「拠点」を作っていかなければいけません。

この拠点を作るには、自国の城レベルをある程度上げなくてはいけませんが、そのためには資源が必要なわけです。

 

 

資源は、「木材」「石材」「鉄材」の3つがあり、それぞれ専用の施設を設置すれば、自動的に資源を得られるようになります。

ただし、ある法則に基いて設置することで、通常よりも多く資源を回収することが出来ます!

 

例えば、木材を回収するための「木材工房」を設置するのであれば、自国にある「林」の近くに設置します。

 

これだけで、回収率が5%アップするのです。

他にも、石材であれば「岩山」の近くに、鉄材であれば「鉱山」の近くに設置するだけで、それぞれ回収率がアップします。

 

 

 

「道路」を敷くことでさらに回収率をアップ!

 

自国の城と生産施設を道路で繋げることで、回収率を20%もさらにアップすることが出来ます。

また、堀に囲まれたエリア以外の場所であっても、階段を経由して城と結ぶことで同様な結果を得られます。

 

例えば、普通に「木材工房」を設置すると以下のような感じになります。

 

 

この状態を、以下の点を踏まえて設置すると、回収率が大きく変わります。

 

・林の近くに木材工房を設置する。

・道路で「城」⇒「階段」⇒「木材工房」を繋げる。

 

 

 

すると、最終的に通常設置よりも「+25%」アップした状態で資源を回収できるようになります。

これを、2つ、3つと増やしていけば、短時間で資源を満タンにすることができるわけです。

 

 

「大賢院」を建てよう!

 

資源は回収するだけでなく、保存しておくことも重要です。

そのために必要なのが「資源庫」になります!

 

 

資源は生産施設から自動的に回収できますが、クエストなどをクリアすることでも得ることができます。

 

 

ただ、クエストクリアなどで得られる資源は、生産施設で得られる資源量よりも遥かに多いので、もし資源庫の容量を超えてしまった分はすべて廃棄となってしまうので非常にもったいないのです。

 

資源庫の設置できる数は限られているので、一番良いのはどんどんレベルを上げて容量を増やすことですが、同時に「大賢院」の設置も済ませおくことが重要です。

 

 

城レベルが10以上必要ですが、この「大賢院」があると資源庫のレベルがMAXになった場合に、「増改築」をすることでさらなる容量アップをすることができるようになるのです。

 

資源庫の容量は多ければ多いほど良いので、早い段階で設置が出来ればゲーム後半のクエストや戦いがとてもラクになっていきます。

 

今回ご紹介した内容を、頭に入れておきながら自国の育成を進めておけば、とても効率よく成長させることが出来ますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 


ギフトはこっちにあるよ!

↓↓↓↓↓

関連ニュース

この記事を
シェアする!