ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

 

 

今回は、本作のメインであるレギオンバトルについての解説だ。とは言ってもこれまでこの攻略を読んで頂いた諸兄には、通常のレースバトルに毛の生えたようなもの。その毛の長さがどれほどかは後で語るとしてもうひとつ、忘れてはならない定期イベントもご紹介。レギオンの要素を最大限に活用するこの2つについて詳しく知り、本作を隅々まで遊び尽くすのだ!

 


●コースに合わせてデッキ変更、臨機応変に立ち回れ!
 

 

レギオンバトルとはこのゲームのメインとなる対人・団体戦のこと。やることは普段のレースバトルとそう変わらないが、少し特殊な要素が追加されてくる。その特殊な要素のひとつが、レギオンバトルの形式だ。個々の戦闘は通常のレースバトルと同じだが、その戦闘結果によってレギオンポイントが加算されていく。勝っても負けてもポイントは増えるが、もちろん勝ったほうが手に入るポイントは大きく、最終的にレギオン全体で獲得したポイントが多いほうが勝者になる。
 

 

もちろん相手は人間なので、これまでのNPC戦では見たことも無い強力なデッキや、高レベルまで育てたカードと戦うこともある。例えば上の画像のようなHP179のバケモノ相手のバトルなど、勝てる気がしない。。。。また相手レギオンもランダムで、明らかに格上のレギオンと当たることもしばしば。それでも一縷の望みを抱いて突撃するのも構わないが、いっそ別のレギオンメンバーに任せてしまうのも手だ。レギオンバトルはあくまで団体戦。自分のデッキでは勝ち目がない時は別メンバーのための露払いに徹しよう。RPを消費して行うという性質上、攻撃回数は限られているので、いかに効率よく相手を叩けるかが肝心なのだ


 

 

また、レギオンバトルはバトル毎にレースコースが変わる。ただ漠然と次のバトルを待つよりも、次回のコースの確認をしておこう。そこで勝つための算段が出来るかもしれない。例えばコースが「10m以下のごく短い」ものならば、SPD値が高いカードを揃えたゴールWIN狙いのデッキに、「初期マナが4」など多めに設定されている場合は重量級のカードを多数配置した決戦デッキにと、コースに合わせた最適なデッキに変更しよう。上の画像のコースは37mとかなり長く、SPD重視の軽量級デッキではゴールに辿りつく前に全滅してしまうだろう。初期マナもボーナスはなくお互いハートは20と、かなりの長期戦になることは必至。「タフなコース」の名前は伊達ではないのだ。こういったコースでは、フルボッコされにくい王道デッキを使うのが一番だ。

 

 

●職権乱用?「役職」を存分に利用せよ!
 

 

レギオンバトルでもうひとつ重要なのが「役職」の要素だ。これはレギオンリーダーが任命するもので、役職によってはレギオンバトル中に特殊な行動が可能になるほか、RPなどのパラメータにボーナスがかかる。これは普段のNPCとのレースバトルや、後述するレイドボス戦などのイベント戦でかなり有利に働くぞ
 

 

例としてひとつ役職を挙げてみよう。名前のカッコ良さもさることながら、レギオンバトル中のみ発動できる「コマンド」はそれぞれ名前のイメージにあったものばかり。これらの役職はレギオンのレベルに応じてさらに上級の役職が用意されており、「コマンド」も強力なものになっていく。例えば上の画像の「突撃新兵」の上級役職にあたる「特攻隊長」などは、メンバーへの強化が出来なくなるかわりに自身が与えるダメージを最大1.5倍にまで上昇させることができる。まさに「特攻隊長」の名に恥じないコマンドだ。

 

ちなみにレギオンは1人でも結成可能。その場合は自動的に自身がレギオンリーダーとなり、もちろんリーダー役職のボーナスもかかる。通常、最大6しかないRPが最大10にまで増加するので、最序盤のNPC相手のレースがはかどるぞ。ゲームを始めてすぐならば1人レギオンを結成するのもアリだ。ただしレギオンバトル本戦ではまず間違いなく瞬殺されてしまうので、それなりのデッキになってきたらどこかのレギオンに加入するのがおすすめ

 

 

●レギオンのもう一つの要素、レイドボスイベント
 

 

最後に、本作で定期的に行われているイベントについてご紹介したい。本作に登場するカードは随時新しいものが追加されているが、イベントでしか手に入らない激レアカードも存在する。そのカード入手のためのキーになるのが「レイドボス」イベントだ。

 

「レイドボス」とは探索中にランダムで遭遇する超強力なボスキャラのこと。バトル自体は通常のレースバトルと同じだが、ここではレギオンメンバーとの連携が重要になる。メンバーが攻撃した後、別のメンバーが10分以内に攻撃を仕掛けると、コンボが発生するのだ。コンボは最大20まで継続し、20コンボ繋げた場合のダメージはなんと2倍に上昇!
 

 

最初に遭遇するレイドボスこそハートの数は控えめだが、倒せば倒すほどハートの数は増えていく。しかもコースもガンガン長くなっていき、SPD重視のデッキではまず太刀打ちできない。ここでも、「マナ+」などを駆使しつつ重量級カードを召喚していく、磐石の試合運びができるデッキが活躍するぞ。ハート×40、50ともなると1人で倒しきるのは骨が折れるので、メンバーとコンボを決めて押し切るのが上策だ

 

これらの定期的に行われるレギオンバトル本戦、レイドボス討伐イベントに加え、他にも最大15連戦のレースバトルを行う「レースコロシアム」など、本作では新規カードの追加だけではなく様々なイベントが常に行われている。全てを体験するにはなかなかに時間がかかるが、これもディスガイアらしいやり込み要素と言えよう。スキル、属性などを考慮した真面目なデッキ構築や、反面逆に割と運任せなスロット戦闘システムなど、単純なカードバトルRPGとはワケが違う、どっぷりハマれる“超”本格カードゲームなのだ!


 

ギフトはこっちにあるよ!

↓↓↓↓↓

 

関連ニュース

この記事を
シェアする!