ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ドラゴンジェネシス

ドラゴンジェネシス

gumi Inc.

iOS

Android

 

■タイトル
ドラゴンジェネシス
■ジャンル
ロールプレイング
■メーカー
gumi
 

※GooglePlayに移動します


●高レアリティも楽々ゲット?序盤エリアの繰り返しで戦力を着実にアップさせよう

 

 

重厚な世界観!美麗グラフィック!そしてリアルタイムの対人戦!が魅力の本作であるが、今回は主に「進撃」について解説していこう。

 

 

本作の「進撃」(クエスト)はオーソドックスな進行度を上げていくタイプのもので、クエスト中は主に幻獣(カード)と絆ポイントが入手できる。幻獣はこのゲームにおける主役のようなもの、絆ポイントはノーマルガチャを回すのに必要…と、両方とも大事な要素に見えるが、重視すべき点は他にある。

 

 

それは、進撃エリアごとに3回遭遇することになるエリアボス。エリアボス戦はパーティのボス戦編成(デッキ)に設定した幻獣たちを使って行われる戦闘で、基本的にはボス戦デッキのトータル値が参照される。このトータル値が、ボスごとに設定された基準を超えていれば、晴れてボスを撃破できるという寸法だ。

 

難しく聞こえるかも知れないが、正直なところエリアボス戦で必要なトータル値は低い。というのも、最初のエリアボスはチュートリアルで引くことになるレアリティSRのカードと、ゲーム開始時にプレゼントされるレアリティNのカード数枚のデッキで撃破可能な程度なのだ。しかもボスを撃破するごとに、そのボスに対応する“レアリティR以上のカード”が手に入る。なので、そのカードをボス戦デッキへと編入すれば、どんどんトータル値が上がっていくぞ。

 

 

むしろ重要なのは、エリアボス撃破で確実にレアリティRのカードが手に入るということ。ガチャという運に頼ることなく、普通に「進撃」を繰り返すだけで手持ちの戦力が上がると思えばかなりのローリスクハイリターンである。

 

さらに言うと、レアリティRが確定なうえ低確率でレアリティSRすら手に入るという利点もある。もっともSRが出る確率はかなり低いが、レアリティRを何枚も入手することにも重要な意味があるのだ……!

 

まず本作は聖戦用・ボス戦用とデッキが分かれているが、どちらも同一カードの枚数に制限はない。通常の進撃で入手できる幻獣はレアリティNのみなので、レアリティRの入手はデッキのトータル値上昇には欠かせないぞ。全く同じレアリティRのカード10枚!なんてデッキも可能なのだ。

 

 

また、レアリティRのカードを強化素材にすると、レアメダルが1枚入手できる。これはレアメダルショップでのアイテム交換に必要で、最上位の景品はレアリティUR確定のガチャチケット。交換にはレアメダル300枚が必要とちょっとお高いが、地道に進撃をこなすことで時間をかければ確実にURが手に入る、とも言える。

 

 

ちなみにショップには他に、ゲーム内通貨「ゼニー」を使用して回復アイテムを入手するアイテムショップがあるが、ショップに並んでいる回復アイテムは少々効果が弱い。本作の体力(スタミナ)の回復は1分に1ポイントと早い部類なので、あと少しでレベルアップできる!という時は素直に時間経過を待ったほうがおトクだ。


※GooglePlayに移動します
 
 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!