ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
三国志 ロワイヤル

三国志 ロワイヤル

DeNA Co., Ltd.

Android

ゲームMENU
 

■タイトル
三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ
■ジャンル
カード
■メーカー
DeNA Co., Ltd.
 

※GooglePlayに移動します


 

三国志ロワイアルは、史実のイメージを尊重した正統派なシミュレーションゲーム。歴史に実在する人物がどんな姿に描かれているか、どんな能力を持っているのか、三国志ファンならなおさら気になるところだ。

 

そこで三国志ロワイヤル攻略その3の今回は、ゲームに登場する個性豊かな武将たちについて解説するぞ。彼らの集め方や育て方、各々のステータスも詳しくご紹介しよう。

 

 

●武将たちを集めよう

 

 

武将を手に入れるには大きく分けて、2つの方法がある。

探索と、捕縛による説得だ。

 

探索は1日3回、朝昼晩に無料で行なうことが可能で、★1からの低レア度の武将がメインだが、★4の超レアな武将も手に入る可能性があるぞ。

 

他にも、課金アイテムである“金”を5個消費する“探索”では、高レア度の武将が出現しやすくなっている。またその他、期間限定の“イベント探索”などもあるのだ。

 

“イベント探索”では、特定の武将が出やすくなっていたり、初回は安価に設定されていたりと、色々とお得感満載なので、各種キャンペーンは見逃さずにチェックしよう。

 

 

しかしながら、“探索”でレア度の高い武将が手に入らなくても大丈夫。

 

このゲームでは★3という高いレア度の強い武将を、「捕縛」によって手に入れることができるからだ。頑張れば誰でも入手することができるぞ。

 

戦闘前の編成画面で敵将の敵対度を見てみよう。

 

ここに「捕縛不可」と書かれておらず、パーセンテージが表示されている武将は基本的に捕縛で仲間にすることが可能だ。

 

流石に★3の武将ともなると一筋縄ではいかず、まず捕縛に失敗してしまうことも多いが、めげずに何10回とチャレンジしよう。捕縛して説得を繰り返すことにより敵対度が下がり、いつかは仲間にすることができるぞ。

 

特にイベントなどで期間に限りがある場合は、集中して捕縛を繰り返そう。

 

 

●武将を育てよう

 

 

武将のレベルアップにはゲーム内通過の銅銭を使って、「訓練」をする必要がある。

 

一般的なソーシャルカードゲームなどでは、他のキャラを用いて合成するパターンが多いが、本作は“銅銭”だけなのでとてもわかりやすい。また、戦場に出て武功(経験値)を得ることでもレベルアップできる。

 

また、レア度によって“レベルの上限”がそれぞれ設定されているが、これは同じ武将を手に入れて「覚醒」することによって伸ばすことができる。捕縛で入手できる武将は、何度でも手に入れることができるので、同じ武将を何人も入手可能だ。覚醒をどんどん重ねるべし!

 

覚醒回数とレベルが共にMAXになれば、「武将魂」という装備品へと「転生」させることができる。弱い武将でも、手に入りやすい武将ならば、何度も覚醒を重ねて「武将魂」にしよう。そして、他の強力な武将の強化に使用してしまおう。

 

 

●武将の能力

 

 

武将はそれぞれ固有の必殺技を持っており、中には「将器」という、いわゆる“リーダースキル”を持つものもいる。

 

全体攻撃ができる必殺技や、大ダメージを与える必殺技は先制攻撃時にとても役に立つ。必殺技が使えるようになってもすぐに使うのではなく、効果的なタイミングを見計らって使おう。

 

“将器”を持つ武将は部隊の“1番左の大将枠”に設定することでその能力を発揮できるぞ。敵との相性や部隊のバランスを見て配置しよう。

 

 

●武将一覧と、武将図鑑を見てみよう

 

 

「戦略」の「各種一覧」では武将の詳しい戦闘ステータスを見ることができるが、もう1箇所、 「図鑑」の「武将図鑑」でも武将の詳細を見ることができる。

 

こちらには三国志の史実に基づく武将の生い立ちや活躍ぶりが書かれているので、歴史ファンには特に見てほしい。

 

レア度に関わらず、しっかりと作り込まれているので思わず全ての武将を集めたくなってしまうはずだ。

 

武将たちの能力を把握できたら、今度は戦場だけでなく「軍事」でもそれを発揮してみよう。


※GooglePlayに移動します
 
 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© DeNA Co., Ltd. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。