ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

 

ファンタジー世界を舞台とした横スクロール型アクション+RPG。

今回は戦闘指南、そして戦士について切り込んでいくぞ!

 


まずは何はともあれ、クエストが始まったら挨拶しておこう。

挨拶は右下の吹き出しアイコンから、メッセージを選んで発言することができる。ちょっとしたコミュニケーションが戦略の幅を広げることができるので、忘れないでおきたい。

たとえば、自分が先に進むときに「後方支援よろしく」や、体力が減っている味方がいるときに回復薬を見つけた時は「回復薬どうぞ」なんて形で進めていけば、自分の思い描いている攻撃パターンによりはめやすくなるだろう。

 

そして、敵との戦闘。今回は戦士にフィーチャーしていこう。

まず基本的な攻撃についてだが、このゲームでは攻撃ボタンを押しっぱなしにするだけで簡単に連続攻撃を繰り出すことができる

 

けーれーどーもー!押しっ放しは推奨しません!!

 

理由は、敵の攻撃に対して反応が遅くなってしまうというデメリットがあるから。自分でテンポ良く押すことで、敵の攻撃モーションが発動してから押すことをやめればモーションは止まり、すぐに防御、もしくは回避行動に移ることができる。

 

戦士の攻撃は非常に範囲が広く、上下に敵がいてもさほど怖くない。一定の距離を置いて安全に倒すことが可能だ。

 

戦闘中は最前線より一歩下がった位置で、モンクが味方にいるときはモンクの上下に回り込んでくる敵を排除し、バックアタックにはいち早く後方に対応する遊撃的プレイスタイルがお勧め。(ちょっと忙しいが…)

 

 

次に、戦士のスキルを左のボタンから順に解説しよう。

 

一番左のスキルは前方に強力な一撃をぶつけるスキル。

このスキルは敵が出現し始めて、散らばる前にぶち込んでしまうのが有用な使い方。

欠点としては、スキルのボタンを押してから発動するまでに時間がかかること。そして、ボタンを押してから発動するまでに攻撃ボタンを押すとキャンセルされてしまうこと。

このスキルを使用する際は自分の周りが敵に囲まれていないことを確認してから発動しよう。

 

 

2番目のスキル。これは自分自身が回転して剣を振り回し、周りの敵をなぎ倒すスキル。

このスキルは自分が敵に囲まれている状況、あるいは味方が敵に張り付かれている状況を打破するときに活用しよう。また、1番目のスキルよりも次に使用できるまでのインターバルが短めなので、このスキルが手に入ったら多用していこう。

 

欠点は、1番目のスキルと同じく、攻撃ボタンを押すとキャンセルされてしまうので、あせらずに繰り出そう。

 

 

3番目のスキルは、敵のヘイト(攻撃対象)を自分自身に向けさせる、いわば挑発スキル

敵が出始めたときにいきなり使って、一気に別のスキルで叩き潰すもよし、味方が囲まれているときに救う感覚で使ってもよしと、リスキーではあるけども、非常に使い勝手のいいスキル。

 

調子にのって使ってたら敵にボッコンボッコンにやられてた。なんて事のないように、自分の体力と相談して使用しよう。

 


 

ギフトはこっちにあるよ

↓↓↓↓↓

関連ニュース

この記事を
シェアする!