ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

 

■タイトル
戦国炎舞 -KIZNA-
■ジャンル
ロールプレイング
■メーカー
Sumzap, Inc.
 

※GooglePlayに移動します


戦国時代を股に掛け、百戦錬磨の名将を仲間に引き連れて天下統一を目指す『戦国炎舞』。今回は効率良くレベルアップするために、初心者が陥りがちな4つの落とし穴についてお届けするぞ♪

 

 

●カード集めの落とし穴に注意!強化素材が最優先!

 

 

新しい武将を手に入れるために重要なのが、ガチャを引くことだ。

 

無課金で引くことのできる「絆ガチャ」では、プレイ中に自然と手に入る「絆P」を100消費するぞ。それに加えて、絆ガチャにはもう一つ「極」と呼ばれる、レアカード取得確実のものがあるのだ。一見、通常の絆ガチャを引き続けるより、こちらの「極」に賭ける方が効率が良さそうに思えるのだが……まずそこに、落とし穴が……!

 

 

それは、「極」は絆Pを10000Pも消費すること。序盤からこれを行うと、どうしても絆Pが不足して、通常のガチャによるカード取得枚数が激減するぞ。結果的にカードを強化するための素材が不足し、長い目で見た場合大きな効率低下の要因となってしまう……!

 

序盤は焦らずに、絆Pは「通常絆ガチャ」のためのものだと割り切って、質よりも量を重視したカード集めをすることが重要だ!

 

 

●素材カードの落とし穴!強化素材はRカードを使うこと!

 

 

序盤で多用するカードの強化は大きく分けて「強化」「進化」の2種類だ。

 

強化:ベースと素材のカード計2枚を合成することで、ベースカードを強化

進化:同じカードを合成することで、カードの持つ潜在能力を引き上げる

 

序盤はカードを手に入れたらすぐに強化に回してしまいがちだが、「進化」によるカード強化の特徴を利用することでもっともっと効率良くカードを強くできるぞ!

 

 

進化には、カードを同じカードを合計4枚配合することで、カードの潜在能力がMAXとなり、ランクが一つ上昇するという大きな特徴がある!

 

 

このようにNカードでも進化することでRカードに変化。

 

ここで最も重要なポイントがある。それはNカードで4回強化するよりも、Rカードで1回強化をした方が、獲得経験値が高いということだ!

 

つまり手に入れたカードはすぐに強化に回すのではなく、進化を繰り返してRカードに変化させてから素材にする方が断然効率が良いのだ!

 

 

●デッキ編成での落とし穴!序盤は総戦力が最も重要!

 

 

全てのバトルで共通する自軍の戦力は「デッキ」によって決まる。デッキ編成をする際には、「総戦力」「保有スキル」を吟味した上でカードを選ぶが、序盤は、魅力的なスキルに目移りしがちだ。そこに落とし穴が存在するぞ。

 

現在デッキの総戦力は39210である。

 

 

デッキの一部を「スキル保有カード」で変更すると・・・

 

 

なんと、総戦力が27050まで下がってしまった・・!

 

保有スキルを重視してデッキを編成した場合、スキルが良くてもカードの地力が小さく、結果、総戦力を下げてしまうということが起きる!

 

序盤では小さな戦力差が即敗北に繋がるため、デッキ編成での優先順位は総戦力の方が上だ!注意しよう!

 

 

●連合選びに無理は禁物!慣れるまでは楽しく!

 

 

少しゲームに慣れてきた頃、より高い次元を求めて「強い連合」に移籍したいなんてことを考えがちだが、やはり初期の連合でトップレベルになるまでは移籍は考えない方が無難だ。勝利に貪欲な力強いチームで初心者がプレイするのは辛い!移籍するにしても「初心者歓迎」「楽しくプレイ」などのキーワードを探すと安心だ!序盤は無理をせず、楽しさ重視で遊ぼう♪

 

というわけで、今回は初心者が陥りがちな落とし穴について4つ紹介したぞ!カードの入手・強化はポイントをおさえるだけで効率がまるで違うため、要所は必ず確認しておきたいところだ。また、所属する「連合」は、序盤はとにかく「楽しさ」重視!初心者に優しい連合は、分からないことも丁寧に教えてくれるぞ。高みに昇るのは沢山勉強してからでも遅くはないはず!

 

着実にレベルアップを重ねていけば、天下統一もすぐそこだ♪


※GooglePlayに移動します
 
 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連ニュース

この記事を
シェアする!