ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

大軍を指揮してエイリアンをぶっ飛ばす爽快シミュレーション!!
ユニットや基地の強化などヤリコミ要素もてんこ盛りだっ!

 

■スペオペ好きなら見逃せない逸品SLGが無料アプリで登場だ! 

 

Android向けに傑作リアルタイムSLGを多数配信中の実力派デベロッパー・KT ollehさんが、またまたやってくれちゃいましたヨ! お伽話のようなファンタジー世界が舞台の『SLG ネイキッドキング』を始め、兵士を人間大砲で打ち出すという斬新なシステムで話題を呼んだ『SLG シューティングウォーリア』など、さまざまな題材をSLG化してきたKT ollehの次なる一手は、その名もズバリ『SLG ディフェンスター』! 本作では、な~んと地球を飛び出して未開の惑星がゲームの舞台となっちゃうんデス!!

 

しかも、ウレシイことに本作『SLG ディフェンスター』は、基本プレイ無料の作品となっております! ゲーム画面をご覧頂ければ一目瞭然ですが、登場キャラや背景などグラフィックはいずれをとってもハイクオリティーな仕上がり。さらにゲームシステムも初心者から上級者まで楽しめる間口の広い内容になっていますので、誰でもストレスフリーで楽しめちゃうこと間違いなし!! そんな逸品RTSを無料でプレイできちゃうっていうんですから、ソッコーでインストールするしかありませんネ!

 

本作『SLG ディフェンスター』の部隊は、恐竜型エイリアン“サウルス族”の闊歩する人跡未踏の異星。スペースシップではるばるこの星へとやって来た宇宙軍一行は、“サウルス族”と友好的なファースト・コンタクトを図ろうとするものの、逆に相手から予期せぬ反撃を受けてしまいます。
これを発端に宇宙軍と“サウルス族”とのあいだで、不可避の戦闘が勃発。宇宙軍は“サウルス族”を殲滅するため、惑星の深部に向かって転戦を繰り広げていきます。

 

イヤン。これってば、スペースオペラ好きな方なら垂涎モノなシチュエーションであるところの“異星人とのファースト・コンタクト”も のじゃあありませんか! 海外ドラマでは『スタートレック』や『V(ビジター)』、映画では『バトルシップ』や『スターシップ・トゥルーパーズ』、『イン デペンデンス・デイ』、『メン・イン・ブラック』シリーズなど、異星人とのファースト・コンタクトが題材の作品はかなり盛りだくさんにありますよねっ!  つまり、“ファースト・コンタクトもの”はそれだけ人気のある不動のジャンルってことなんデス!!

 

そんな魅力的な作品世界をAndroidアプリゲームで楽しめちゃうっていうんですから、これはもうプレイするしかないってもんですヨ! しかも、バトルの相手は“サウルス族”なる恐竜型エイリアンというのもシビれるポイントじゃあありませんか。
他プラットフォームの話で恐縮ですが、アレやコレやで年がら年中、恐竜相手にバトるってる御仁はかなり多いハズ! つまりゲーム好きにとって、恐竜とは脳髄奥深くに眠るニューロンひとつひとつにまで敵としてインプットされた、慣れ親しんだバトル相手だとワタシは思うんですヨ!

 

梅干しを見たらよだれを垂らす、ネコの肉球を見たらコネコネする、そして日光でニャンまげを見たら飛びつく(古っ!)──これらは言ってしまえば、人間の本能に基づく当然の所作。そして恐竜を見たら即バトルっていうのが、ゲーム好きにとっての本能ですヨ! 本作『SLG ディフェンスター』ではそれはもう多種多様な恐竜型エイリアンが敵として登場しちゃいますから、アレとはひと味違う“狩り気分”で思いっきりストレス解消できちゃうことウケアイですヨ!

 

▲人類VS恐竜型エイリアンによる大乱戦が勃発! 横スクロール画面で展開する大迫力バトルに目はもうクギ付け!!

 

 

■兵士ユニットをモリモリ生産して敵拠点をぶっ潰せ!!

 

本作『SLG ディフェンスター』は、“リアルタイムSLG”というゲームジャンルに属する作品デス。リアルタイムSLG──略して“RTS”はAndroidゲーム界でもとりわけ人気のあるジャンルということもあり、基本的なシステムやプレイ方法についてはご存知の方も多いことでしょう。

 

基本的にRTSの目的は、兵士ユニットを生産して敵陣へと攻め込ませていき、敵拠点を破壊することになります。もちろん、本作『SLG ディフェンスター』でもそうしたベース部分は同様ですから、イチ度でもRTSをプレイしたことのある方であれば違和感なくゲームを楽しむことができちゃいマス。

 

一方、RTSをまだプレイした経験がないというビギナーの方もご安心ください! 本作では直感的な操作システムや、親しみやすい登場キャラクター、さらには充実のヘルプなどを用意。まさにRTS初心者にうってつけなゲーム内容となっているんデス! 「RTSって面白そうだけどちょっと難しそう……」と二の足を踏んでいた方は、是非とも本作『SLG ディフェンスター』で念願のRTSデビューを果たしちゃってくださいませ!

 

さて、それではゲームの解説に戻りましょう。本作の目的は、“サウルス族”と呼ばれる恐竜型エイリアンの殲滅。プレイヤーは基地と兵士、英雄ユニットで構成された部隊を指揮して、未開の惑星を探検しながらサウルス族とバトルを行なっていくことになります。

 

ゲームが開始したら、まずマップ画面でプレイしたいステージをセレクト。この際に選択したステージによっては、自軍の兵士たちが織りなすイベントシーンが挿入。プレイヤーのバトル熱をいっそう盛り上げてくれちゃいマス。
イベント終了後は、直ちにバトルがスタート! 横スクロール型の画面が表示され、次々と恐竜型エイリアンが自軍の拠点を目指して攻め込んできます。
もちろん、このまま黙って見ているだけでは敵に拠点を破壊されてしまいます。こちらも兵士ユニットを生産して、戦いに備えちゃいましょう!

 

兵士ユニットの生産方法はとってもカンタン。ゲーム画面下部にある兵士ユニットのアイコンをタップすれば、直ちに生産が開始されます。ただし、兵士ユニットを生産するには一定量の“人口数ポイント”を消費します。
なお、人口数ポイントが兵士ユニットの生産に必要なポイントに満たない場合、ユニットは生産できません。兵士ユニットの生産に必要なポイントは、兵士アイコン右下に数字で表示されていますので、あらかじめチェックしておくようにしましょうネ。


一方、現在の人口数ポイントはゲーム画面左上に表示されていますので、兵士ユニットの生産に必要なポイントが貯まり次第、兵士アイコンをタップして、モリモリと部隊を増やしていっちゃいましょう!

 

兵士ユニットを生産すると、当然、人口数ポイントは減っていってしまいますが、ご心配なく。人口数ポイントは時間経過とともに、自然回復していていきます。ただし、人口数ポイントは最大値までしか貯められません。最大値に達したまま放置しておくと人口数ポイントが無駄になっちゃいますので、基本的には兵士ユニットの生産に必要なポイントが貯まり次第、直ちに兵士を生産するのがオススメですヨ!

 

▲生産が完了した兵士ユニットは基地から出陣。しかもオートで敵陣へ攻め込んでくれますので、まったくの手間いらず。大軍バトルをお手軽に楽しめちゃいますヨ!

 

 

■ポイントが貯まったら“アップグレード”で自軍を強化しよう!

 

ユニットの生産が完了すると、兵士たちは敵を目がけて自動的に攻め入ってくれちゃいマス。そして兵士たちは進軍を続けていき、やがては画面外へと消えていってしまいます。
しかし、慌てることはありませんヨ。そんなときは画面をスクロールさせればオーケー。スクロール操作は、画面両端をタップするか、画面上の中央にあるスクロールボタンのスライドで行なうことが可能。兵士ユニットの生産がいち段落したら、いい塩梅まで画面をスクロールさせて、敵と交戦中のポイントを表示させてみましょう。


自軍の兵士たちと敵である恐竜型エイリアンが、激しくバトルを行なっている様は迫力バツグン! 兵士たちが多彩なアクションを見せつつ激戦を繰り広げている姿には、ついつい見入ってしまうことウケアイですヨ!!
なお、兵士ユニットの体力はキャラ上部のゲージで表示。敵から攻撃を受けて体力が減るとゲージが徐々に赤くなっていき、ゲージが赤で満たされると死亡してしまいます。
とは言え、兵士が死んでしまったからといって悲しんでるヒマはありませんヨ! すばやく兵士ユニットを補充して、敵の進軍を阻まなくてはなりません。人口数ポイントが貯まったら速やかに兵士ユニットを生産して、次々と戦線へと送り出していきましょう。

 

こうして敵エイリアンを倒しつつ、相手拠点まで攻め入ったら勝利は目前。兵士たちが敵拠点を攻撃し、施設の耐久力がゼロになればプレイヤー側の勝利となります。

 

ステージクリアー後は作戦時間や兵力動員数、兵士死亡数などのプレイデータとともに、戦果の良し悪しがランク形式で表示。また、バトルの内容に応じて“ポイント”を獲得することも可能デス。ポイントは兵士ユニットの強化や追加、武器のパワーアップ、拠点装備の増強など、自軍のグレードアップに利用することができちゃいマス。
つまり、ポイントが貯まれば貯まるほど、自軍をより強力な軍隊へと成長させることができちゃうというワケです。

 

ゲーム開始直後は、自軍で利用できる兵士ユニットは1種類のみ、基地の装備は皆無という状態デス。このままゲームを続けていると、遅かれ早かれいずれは行き詰ってしまうこと必至。できれば早めの段階で、ポイントを使って自軍を強化しておくのがオススメですヨ!

 

自軍のアップグレードは、ステージ選択画面の右端にある“アップグレード”ボタンから利用することが可能。アップグレードの内容は、兵士と武器、基地、そして“英雄ユニット”の4種類。あくまでワタシなりの方法ではありますが、オススメなアップグレード手順は、まずは人口数ポイントの回復スピードを上昇させて、より素早く兵士ユニットを生産できるようにしちゃうのがベスト。
次に、兵士ユニットの“ソードソルジャー”をレベルアップさせて、戦闘力を強化しちゃいましょう。これで序盤のステージはかなり有利に進めることができちゃうハズ。
さらにポイントが貯まってきたら、遠距離攻撃ができる“ガンソルジャー”を追加などして、自軍の兵力を増強していきましょう。兵士の種類が増えれば、さらに多彩な戦い方を楽しめるようになりますヨ!

 

▲入手したポイントを使えばアップグレード画面で自軍を強化可能! 兵士ユニットや基地をパワーアップさせて精鋭部隊を作り上げよう!!

 

 

■采配次第で戦況がガラリと変わる高い戦術性も魅力!!

 

本作『SLG ディフェンスター』では兵士ユニットだけでなく、“英雄ユニット”と呼ばれる強力なキャラが登場しちゃいマス。ただしゲーム開始直後の段階では、英雄ユニットを使用することはできません。ステージをある程度クリアーすることで、ようやく英雄ユニットを利用することができるようになるんですネ。

 

ゲームを始めたての頃は「なんで英雄ユニットが使えないの!?」と不可思議に思われるかもしれませんが、ゲームをプレイしてみれば ちゃ~んと理由がわかるようになっています。どのような場面で英雄ユニットが登場するかは、実際にプレイしてみてのお楽しみということで……。ひとつ言え ることは、英雄ユニットが登場するのは序盤のステージですので、そんなに待たされることはないハズですヨ!

 

英雄ユニットはその名が指し示すとおり、非常に強力なキャラクターです。元々の攻撃力が高いことに加えて、“スキル”と呼ばれる特殊技を繰り出すことも可能。さらに兵士ユニットとは異なり、プレイヤーの手によって移動操作を行なうこともできるようになっています。


移動操作では英雄ユニットの左右をタップすることで、前進と後退を指示することが可能。スキルの使用は、画面右上にあるスキルアイコンをタップすればオー ケー。ただし、スキルはいったん使用すると回復するまでに一定時間が掛かります。スキルを無闇に使ってしまうと、「ここぞ!」という場面で使うことができ なくなってしまいますので注意しましょうネ。
また、初期状態の英雄ユニットは、スキルをひとつも持っていません。スキルを利用するには、まずアップグレード画面でスキルを習得する必要があるんですネ。所有ポイントに余裕が出てきたら、英雄ユニットには必ずスキルを持たせるようにしましょう。

 

さて、プレイヤー自身が操作できる英雄ユニットの存在により、本作では多彩な戦術を楽しめるようになっています。英雄ユニットと兵士ユニットのダブル進軍で敵拠点に総攻撃を仕掛けたり、英雄ユニットには自拠点の守備にあたらせたりなど、戦況に応じて多種多様なテクニックを駆使できるようになっています。
さらに本作では“戦術コマンド”も用意されており、兵士ユニットを特定の並び順に編成することも可能。戦術コマンドの使用方法は、まずゲーム画面左下にある“戦術ボタン”をタップ。すると画面下中央に3種類のコマンドが展開されます。


これら各ボタンをタップすることで、兵士の並び順を変更することが可能。例えば、先頭にソードタイプ、中央にガンタイプ、最後尾にランチャータイプの兵士を並ばせるなど、プレイヤー好みの編成をとらせることができちゃうんデス。

 

この戦術ボタンをうまく活用すれば、敵のタイプに応じて自軍の兵士ユニットに効果的な編成をとらせることも可能。本作では兵士をオートで攻め込ませても十分楽しめますが、プレイヤー自身の手で多彩な戦術を駆使することで、さらに奥深いバトルを楽しめるようになっているんですヨ。うーん、これはなんとも遊び応えがありますねっ!

 

人気RTSを数多く擁するデベロッパー・KT ollehが満を持してお送りする本格SF巨編『SLG ディフェンスター』。カンタン操作でお手軽に楽しめるというRTSの醍醐味はそっくりそのままに、“英雄ユニット”や“戦術ボタン”など本作ならではの独自要素もたっぷり! 恐竜型エイリアンが闊歩する危険な惑星で繰り広げられる、大軍バトルを思いっきりご堪能しちゃってくださいませっ!!

 

▲英雄ユニットをうまく活用すれば、不利な戦況もひっくり返すことも可能。前進&後退の移動操作や強力無比なスキルを効果的に使用して、敵軍に大ダメージを与えちゃおう!!

 

 

(C)KT CORP.

関連ニュース

この記事を
シェアする!