ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

美しい自然の中でリアルなハンティングを楽しめる「DEERHUNTER 2014」。今回は、基本的なハンティングの手順を、ミッション別に解説して行くぞ!本攻略を読んで、いつどんな獲物と遭遇しても落ち着いて対処できるようになろう!

 

※Google playへ移動します。

●小さくてすばしこい「鳥系」ミッション

 

 

最初に解説するのは、大空を舞う鳥を狙う「鳥系」のミッションだ。

空のあらゆる場所へと縦横無尽に飛び回る獲物を捕捉するのは非常に難しい。

一発の弾丸を用いて点で狙うライフル系よりも、散弾を用いて面で狙うショットガン系の銃でハンティングに挑もう。

 

 

 

また、木々が茂る場所を飛ぶ鳥よりも、青空をバックに飛ぶ鳥の方がはるかに狙いやすい。

特に黒い羽毛の鳥は、青空を飛んでくれないとほとんど捕捉は不可能だ。青空を飛ぶ鳥に限定して狙って行こう。

ショットガンを使用しているならある程度は狙いがアバウトでも大丈夫だ。

 

●決まったルートを走り抜ける「ルート移動系」ミッション

 

 

次は定まった進行ルートを獲物が駆け抜ける「ルート移動系」のミッションを解説する。

ミッションが始まったら、とりあえずじっと観察して獲物がどういうルートをたどりどのくらいのスピードで走っているのかを把握しよう。

 

 

そして獲物の進行ルート上に照準を合わせショットだ!

獲物の走るスピードに注意しながら正確に狙って行こう。

 

 

 

ときたま、進行ルートを途中で変更する獲物もいる。

その際は焦らず落ち着いて新たなルートがどのようなものかを把握しよう。

ただし制限時間には注意すること!観察が長過ぎて、制限時間を過ぎてしまった……のでは本末転倒だ。

 

●暗黒の世界で対峙する「夜間系」ミッション

 

 

最後に解説するのは、夜にハンティングすることになる「夜間系」ミッションだ。

何と言っても「夜間系」は獲物を目視することが難しい!

光源がほとんどない状況下で狙いを絞らなければならないので、ショットするよりもターゲティングに神経を使う。

 

 

 

「夜間系」で目標捕捉を確実に行いたいなら獲物の体毛に注目してみよう。

腹や尻などが白くなっているのなら、そこを目印にしてみよう。

背中の斑点、大きなツノ、特徴的な尻尾など……まずは獲物の目印になる部分を見つけ出し、そこから逆算するようにターゲティングして行こう!

 

●さまざまなミッションに挑むのが楽しい

今回紹介したのは基本的なミッションだが、もちろんこれ以外にも多種多様な動物が獲物として登場するし、難易度の高いシチュエーションも存在する。

だが今回解説した、最適な武器を装備して、狙いやすい場所を決め、獲物の動きを観察して、ターゲティングの目印を見つける……などの方法は、どのミッションでも役立つ基本的なテクニックだ。

ぜひ実践して身につけてほしい。

次回はより踏み込んで、「肺と心臓の狙い方」をレクチャーするぞ!

 


※Google playへ移動します。
 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連ニュース

この記事を
シェアする!