ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ

クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ

COLOPL, Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

【クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ】とは?

・クイズゲーとカードゲーを組み合わせた斬新なバトルシステム。
・テンポのいいクイズゲーをプレイするリズムで戦略的なカードゲーがプレイできる。
・とはいえ、世界観やキャラクター達は王道ファンタジーRPGを踏襲しているので安心して楽しめるのでスマホゲーム初心者にもおすすめ。

 

はじめまして! ライターのあさみ666です。
今回から『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(以下、『クイズRPG』)のプレイ日記を担当させていただくことになりました。
まだゲームを始めたばかりの見習い魔法使いですが、よろしくお願いします!

今回は初めてということで、まず、私が『クイズRPG』を始める前の話からしていきましょう。
私が『クイズRPG』に興味を持ったのは、友人が『クイズRPG』をプレイしているのを見たのがきっかけでした。
『クイズRPG』はファンタジー世界を舞台に、クイズで戦っていくRPGなのですが、もともとクイズもファンタジー系RPGも好きだったので、おもしろそう! と、食いついたのです。

友人は私が興味を持つと、喜んで招待コードを送ってくれました。
『クイズRPG』もほかの一般的なアプリと同様に、招待した側とされた側にボーナスがもらえます。
ただし、招待した側は、招待された側がある程度ゲームを進めないと特典をもらえないそうなので、ちゃんとプレイしてねと念を押されました(笑)。
そして、プレイを始める前に『クマベア』というアプリをインストールしておくことを勧められました。
『クマベア』は『クイズRPG』を制作したコロプラがリリースしているアプリだそうで、これを先に入れておくと、『クイズRPG』を始めたときに、「マロマル」という序盤では強めのカードを1枚もらえるそうです。

 

 

そんなわけで、『クイズRPG』をダウンロードした私は、招待コードを入力してゲームを開始。
招待コードは、プレイヤーの名前を登録する画面で入力します。
ゲームを有利に勧めたい人は事前に招待してくれる人を掲示板などで探しておくといいですね。

ゲームを始めると、ファンタジーRPGらしい雰囲気のストーリーが始まりました。
そして、初期カードとして3枚のカードの中から1枚を選ぶことに。
「暁騎士 イグニス」は炎属性(赤)のカードで、攻撃力は高めだけどHPは少なめ。
「心優しき魔道士 サーシャ」は水属性(青)のカードで、HPと攻撃力のバランスが平均的。
「メタルドラゴン」は雷属性(黄)のカードで、HPは高めだけど攻撃力は少なめ。
どれがいいか迷ったものの、イラストがかわいかったので「心優しき魔道士 サーシャ」を選んでみました。
このほかに4体の精霊をつけてもらうと、いよいよ、ゲームのタイトルにもなっている「ウィズ」の登場です。

ウィズはプレイヤーの師匠となる魔道士で、戦い方を教えてくれます。
いわゆる、チュートリアルってやつですね。
ウィズに導かれるまま、最初のクエスト「魔法の詠唱練習」に挑戦すると、途中で敵と遭遇して戦うことに。
「文系」「理系」「雑学」「芸能」などの文字が書かれたパネルを選ぶと、選んだパネルに対応した4択問題が出題されます。
見事、クイズに正解すると、自分の手持ちの5体の精霊(カード)の中から、パネルと同じ色(属性)の精霊が敵に攻撃を仕掛けました。

初戦を楽々クリアして進んでいくと、再び戦闘に。
この戦闘では、属性について教えてくれました。
炎は雷に強く、雷は水に強く、水は炎に強い……『クイズRPG』の世界は3つの属性が3すくみの関係になっているようです。
たとえば、敵のカードが水属性の青いカードだったら、自分はそれに強い雷属性の黄色いパネルを選ぶと、有利に戦えるってことですね。
パネルは1色だけのものもあれば、2色や3色のものも存在し、3色のパネルに正解すれば、手持ちのすべての精霊が総攻撃をしかけます。
ただし、色の数が増えるほど、問題の難易度が高くなるようです。
自分の得意ジャンルの多色パネルが来たらラッキーですが、苦手なジャンルの場合はあまり手を出さないほうがいいかもですね。
ちなみに私は「文系」や「雑学」は得意ですが、「スポーツ」が苦手です!

 

▲クイズのパネルは4種類の中から選びます。ときにはこんなふうに全部のパネルの色が同じになってしまうことも……。

 

2戦目の戦闘では、属性のほかに「スペシャルスキル」について教えてくれました。
いわゆる必殺技のことで、正解数が多くなると使えるようになるようです。
「心優しき魔道士 サーシャ」の必殺技は「氷結の魔術」。
敵全体に水属性の小ダメージを与える技でしたが……炎属性の敵3体を、見事に一掃してくれました♪
ここで、最初のクエストは終了。

街に戻ると、ウィズがカードについての説明をしてくれます。
デッキ編成と強化合成、売買について教えてもらい、自分でデッキを組めるようになったところで、『クマベア』事前インストール特典の「マロマル」のカードをデッキに入れることにしました。
マロマルは、オープニングムービーで、ウィズとともに登場していた、かわいらしい丸っこい精霊です。
炎属性だったので、最初のクエストで手に入れた炎属性のカードを使って、強化合成もしてみました。
誘ってくれた友人が、デッキのカードの色は2色に絞ったほうがいいとアドバイスしてくれたので、雷属性のカードを下げて、炎3枚水2枚へとチェンジ。
2枚+2枚+1枚の3色デッキだと、正解しても1体しか攻撃できない色がでてしまうため、2枚+3枚にするのが戦いやすいのだそうです。

 

▲クリスタルガチャで引き当てた、時計整備士ユッカちゃん。当面は、この子をメインで育てていくことになりそうです。

 

続いて、ステージ1の2番目のクエスト「精霊の召喚と使役」3番目のクエスト「教官魔道士の訓練」に挑戦。
2つのクエストクリアすると、ステージ1のクリアボーナスとしてクリスタルを1個もらえました。
ここで、ウィズからお知らせが。
ガチャとフレンド機能が開放されて使えるようになったとのこと。
ガチャは、クリスタル5個で回すクリスタルガチャと、フレンドを応援したりされたりで貯まっていく「メイト」というポイントで回すメイトガチャがあり、クリスタルガチャのほうがレアなカードを引けるようです。

さっそく初回のサービスと、招待された特典でもらったクリスタルを使い、クリスタルガチャを回すと、レアBの雷属性カード「召雷士リディア」レアAの炎属性カード「時計整備士 ユッカ」が出ました。
デッキが炎属性水属性だったので、さっそく「時計整備士 ユッカ」をデッキに組みこんだら、これがとても強い!
イラストもかわいくて、楽しいスタートとなりました♪

 

 

(C)COLOPL, Inc.

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© COLOPL, Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。