ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
サムライディフェンダー

サムライディフェンダー

Link Kit, Inc.

Android

本作において、かなり重要なファクターである計略

今回はそれぞれの計略の強みと 弱点について、バッチリ解説していくぞ!

計略の強化には貴重品の小判を消費するので、しっかり考えて強化していく必要がある。

とりあえず全計略のレベルを 平均的に…なんてやってると後半に小判が足りなくて泣くハメになるので、まずは自分の求める計略がどんなものであるかをしっかりと把握しておこう。

 

※Google playへ移動します。


●それぞれの計略の長所と短所、特徴を抑えて使いこなせ!

 

 

最初から使える「援軍」については攻略第一回を参照してもらうとして、ここでは主にレベルアップで解禁される計略について解説していきたい。

 

 

「城大工」

他のゲームで言うところの回復キャラ。使用するとダメージを受けた城に応急修理を施してくれる。消費士気も低めで使いやすいが、回復が必要な状況=城に取り付かれている状況なので、正直言って焼け石に水であることが多い。

 

取り付いた敵を排除することは難しく、本作では城に接近される前に撃破することが肝要なので、自軍の強化が進んだ後半はあまり活躍の場は無い。

強化すれば回復量を増やせるが、同時に士気消費も増えてしまう諸刃の剣。

 

計略枠を考えても優先度は下がってしまう残念な計略。

城の耐久が50%以上残った状態でクリアするとご祝儀で小判1枚が手に入るので、城大工を使い50%以上に回復させてクリアすることが唯一の使い道だろうか?

 

 

「くノ一」

攻略第一回でも触れたオススメ計略。

 

3人のくノ一が松の木の陰から現れ、敵兵をクナイで攻撃してくれる。

当たった敵兵には毒ダメージが入るので、耐久力の高い敵に対して相性が良い。

特にボス武将に対して有効で、全クナイをボス武将に投げるためそれなりのダメージになるほか効果時間めいっぱいまで毒ダメージを与えることができる。

また敵兵の進行方向の横から攻撃するという性格上、大軍の後方にいる敵にも攻撃を通しやすい。

 

弱点は攻撃対象をプレイヤーが選択することができないため、使用するタイミングによっては攻撃が当たらない敵兵が出てしまうこと。

 

 

「工兵」

フィールドに柵を設置する。

柵自体の耐久力はあまり高くなく、何度か攻撃を受ければ破壊されてしまうため使い道が無いように見える。

 

ただししっかり強化すれば話は別で、柵の耐久力向上に加えて柵の設置数も増加するため、配置場所を考えればフィールドを完全に封鎖することも可能

オマケに消費士気も初期状態で30と低めなので、大軍への足止め効率はトップクラスと言える。

 

ただし攻撃速度の速い敵に対しては、あっという間に破壊されてしまうので注意。

使い捨ての盾と割り切って、次々に新しい柵を設置していこう。

 

ちなみに弓兵の矢や敵くノ一のクナイなどの飛び道具も防御可能だ。

 

 

「お姫様」

ほとんど唯一と言っていい本作の癒し(?)要素で、お姫様の応援で自軍の能力がパワーアップする。

 

初期状態で20%ほどの能力底上げだが、割と長時間に渡って効果が続くので確実に火力をアップさせることができる。

その他計略で出現した味方兵にも効果が及ぶなどいいこと尽くめの計略だが、計略枠のことを考えると採用は人それぞれか。

 

どうしてもクリアできないステージがあれば、この計略を使ってみるといいかもしれない。

後半のステージでは工兵で防衛線を張りつつお姫様で火力を増強するのとラクに立ち回れるので、それを見越してある程度は強化しておこう。

 

ちなみにYoutubeで公式チュートリアル動画が公開されているが、その案内役を務めているのも彼女

ゲーム内では計略の他、ボーナスキャラとしてしか出会うことはないが動画内の彼女はなかなかに可愛いので必見!?

 

 

「鉄砲兵」

戦国の世に現れた新兵器は、本作でもその強さを遺憾なく発揮!

安心の攻撃力で並み居る敵兵をなぎ倒す様は快感!!

 

一度発動すれば鉄砲兵が敵の攻撃で倒れるまでフィールドに居座るので、一時的にしか攻撃できない援軍と比較するとかなり使いやすく、援軍とは格の違う攻撃力を体感できる。

 

やっぱりというか案の定というか、次弾装填には時間がかかるためその点が唯一のネック。

強化しても装填時間だけはどうにもならないので、射撃後のカバーを考える必要がある。

ただし、配置して1発目の射撃から2発目の装填完了まではゲーム内時間が止まるため、2発目の射撃までは実質無敵。

 

うまく利用しよう。銃弾は敵兵を貫通しないため、大軍への対応力は案外低い。

 

またこれは特殊な事例だが、フィールドのラインは上から下までで7つある。

鉄砲兵を強化して8人以上同時に出せるようになると、あぶれた1人は前の列に配置される。

 

この際、配置直後の1発目の射撃は前列にあぶれた1人のみが行うため、緊急時の対応力が低下してしまうのだ。

後列の7人は前列とタイミングをずらして射撃してくれるので、将来的には絶え間ない火力を提供してくれるものの、7人から8人への強化は一時的とは言え使い辛くなることに注意して欲しい。

 

前列・後列合わせて14人の鉄砲兵を出すために必要な小判が溜まるまでは、いっそのこと強化を一旦保留するのも手。

足りない火力はお姫様などの併用でカバーしよう。

 

 

「砲兵」

戦国時代末期に「国崩し」と恐れられた火砲も本作ではバッチリ登場!

大火力の範囲攻撃で、群がる敵を一網打尽にすることが可能だ。

 

ただし発動後のクールダウン時間が長いうえ、消費士気も100と決して低くは無い。

使いどころを見極めるのが重要な計略だ。

 

ステージ30以降では複数の敵兵を率いた大将が出現するようになるので、数に物を言わせて押し切られる前に、大筒の一撃で吹き飛ばせ!なお残念ながら味方の柵まで吹き飛ぶので、本当に使いどころが難しい計略。

強化費用も高めで、これに小判を使うよりは他に回した方が…。そんな本作随一のロマン砲。

 

●進展に合わせた計略でラクラク攻略!オススメセットを一挙公開!

 

 

ステージ30あたりまでは、“長篠の戦い”よろしく鉄砲兵と工兵の合わせ技が安定する。

 

序盤から鉄砲兵を三段に配置するのは必要士気が高すぎて現実的ではないが、工兵の柵は鉄砲兵の装填中の時間稼ぎに最適。

対処しきれない数の敵兵が出現したら、くノ一の毒ダメージで対応しよう。

 

 

ステージ40以降、異様な耐久力を備えた上級兵が頻繁に現れるようになる。

 

攻撃速度も速いため、中途半端なレベルの工兵ではあまり足止めの効果は期待できない。

 

援軍でも押し負けてしまうので、鉄砲兵を何重にも配置してゴリ押しするか、お姫様の応援効果で味方火力を底上げして“殺られる前に殺る”スタイルで対処しよう。

 

各計略は小判で強化していけるが、お姫様にも多少投資した方が戦力的には安くつくぞ。

 

 

ステージ70以降に進むと、敵兵の耐久力はさらにハネ上がる。

ここまで来ると毒ダメージで悠長に戦っているヒマはないので、強化の費用対効果が大きい工兵での足止めが重要になる。

 

鉄砲兵を展開しつつ工兵で柵を何重にも設置し、さらにはお姫様で火力アップを狙う手堅い戦法が安定するぞ。

最大士気を強化したり、上級弓兵を使うことで工兵の回転率はさらに上昇するので、必要士気が溜まったら即、柵を設置して常に防備を固めるようにしよう。

 

次回は特殊なプレイヤーキャラと、攻略に関する小ネタをご紹介!

レベル上げのコツや、戦闘中のテクニックは必見なので、楽しみにしておいて欲しい!


 ※Google playへ移動します。

 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!