ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

実はその昔、あゆゆはスポニチというおじさん向けのスポーツ新聞でコラムを書いていたことがあるんですよ(笑)

(過去を遡ればエルティーンというティーン向けファッション雑誌で4コマ漫画も連載した事あるなぁ。。)

 

スポニチってスポーツ新聞ですが、その中の風俗面で連載してたんですよ(笑)

掲載されたコラムを見ようとしてスポニチをコンビニで買うのはまだいいですが、あまり公衆でおおっぴらに開けないページですよね(笑)

 

そんなうら若き乙女あゆゆが風俗面でどんなコラムを書いていたかというと、各界のモテる男性に「どうやったら女の子にモテますか」という突撃インタビューをするという企画でした。

 

それこそ歌舞伎町のホストさんとか雑誌編集者さんとか経営者の方とか、まぁ色んなモテてそうな殿方にお聞きしましたよ。

 

おそらく担当者さんは「このコラムを読んでモテる男性になってもらおう!」と思っていたのかどうかは不明ですが、なかなか好評だったようで最初は関東版だけだったんですが後に関西版スポニチにも掲載されるようになったんですねぇ。

 

今日はそんな経験を活かして「モテる男に聞いたモテテクの極意」をゲームギフトをご利用頂いている皆様にダイジェストでお届けしたいと思います。

 

デュルルルルルルゥウウウウ〜〜(ドラムの音)

 

今週の第3位!!

『女の嫉妬を利用せよ!』

 

これはホストさんに聞いたお話なんですが、あえて女の子にヤキモチを焼かせて自分にハマらせるという高等テクニックを使うそうです。

目の前に女の子がいるのにあえて他の女の子と電話する、仲良さそうにするということを敢えてやるんですって!!!

ひどいですねーーー。

 

でもこれって、なんでも欲しがり屋さんの女の子には効く手なんだと思います。

とくに可愛くってワガママでお姫様タイプの女の子こそ、こういう手口にハマりやすいと思うんですよね。

『なんでアタシがいるのに他の女の子と仲良くするの?!アタシのほうが可愛いでしょ!?』って思っちゃう女の子は余計にその目の前のメンズを奪い取りたいパワー炸裂ですよ。

そうすると男性側はいつの間にか選ぶ立場になって交渉が有利になる。

知らずのうちに立場が上になるんですねぇ。

 

でもこれって仕事にも応用効きそうですよね。

ゲームギフト編集部の某スミディ〜は某A社や某B社の美人広報さん達に毎回手のひらで転がされてますが(笑)、ホストさんの高等テクニックを見習って美人広報さん達を逆に転がして「スミディ〜様〜♡ゲームギフトで独占掲載してください♡」ぐらいになって欲しいものです。

 

は!!いかんいかん。そんなヨコシマな考えをスミディ〜に植え付けたらあかん。

アイツは常に下心満載だからな。

下心だけで生きてるようなゲスディーだし。

 

あー、第3位を紹介するだけでもうこんなに時間が経ってしまった。。

しかもハイボール飲みながらだから頭がクラクラしてきた。。

 

第2位以降はまた次回!!

BGMはドラゴンボールのエンディングテーマ「でてこいとびきりZENKAIパワー!」でお送りしました。

 

そんなモテたいあなたにオススメのアプリはこちら。

とにかく先入観なしに開いてみてください。オススメです。

 

 

追伸

そのうち、キャバクラとソーシャルゲームにおける社会学的課金モチベーションの考察についても書きたいと思います。

関連ニュース

この記事を
シェアする!