ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

■ハンターカードを合成してパワーアップ&覚醒!

 

 

スマホで手軽にあのモンハンが楽しめる狩猟カードバトル「モンハン 大狩猟クエスト」。

手強い大型モンスターになかなか歯が立たない場合は、手持ちのハンターカードの強化だ!

ハンターカードは合成する事でハンターのレベルアップができる他、同じハンターカード同士で合成するとハンターが「覚醒」し、レアリティと能力値がアップする他スキルも強力に!

今回はこのカードの強化合成と覚醒について解説していくぞ。

 

※Google Playに移動します。

●まずはハンターカードをたくさん増やそう!

 

 

ハンターカードはクエストで入手するか、召喚屋で入手する方法が基本となっている。

「探索クエスト」では探索中に素材の他に一定確率でハンターカードが入手可能!

さらにクエストで手に入る「種」を育てて収穫すれば、ハンターカードを確実にゲットできちゃうのだ。

順にご紹介しよう。

 

 

召喚屋では「狩友P」を消費するか、またはクエスト報酬などで手に入る「チケット」を消費することでハンターカードを入手できるぞ!

 

 

ハンターカード召喚に必要な「狩友P」は、街の人々やギルドメンバー、他のプレイヤーと挨拶や掲示板書き込みなどの交流により手に入るほか、ログインボーナスやクエスト探索中にGETすることも可能だ。

狩友Pは普通にプレイしているだけでもすぐに貯まっていくので、連続ブロンズ召喚でハンターカードをどんどんGETしていこう!

またブロンズ召喚のハンターカードのレアリティは低めだが、1日1回だけ無料召喚ができるので忘れずに召喚しておこう。

 

●ハンターカードが集まったら合成しよう!

 

 

ハンターカードが沢山集まったら、いよいよ合成にチャレンジ!

まずは手持ちのハンターカードの中から強くしたいカードを1枚選択しよう(=ベースカード)。

次に、合成素材として使用するハンターカードを最大10枚選出し、「強化合成する」をタップするだけ。

すると素材カードの力が集まってベースのハンターカードがレベルアップ!

攻撃力と防御力が上昇するのだ!

また、カードにはランク付がありレアなカードを素材にするとベースカードの成長度は大きくアップするぞ。

 

 

さらに、「合成用カード」である『強化用アイルー』を素材にすることで、ベースカードを飛躍的に成長させることができるぞ!

強化用アイルーは【小】【中】【大】の3種類があり、特に貴重な【大】を使用するとレベルアップ度合いも大!

手に入れたら是非主力カードに使用してパワーアップさせよう!

 

●同じカード同士の合成で【覚醒】!

 

 

「覚醒」とは、同じカード同士を合成して行う特殊な強化のこと。

覚醒を行うとレアリティに+がつき、覚醒4段階目で1つ上のレアリティに変化!

覚醒するとレベルは1に戻るものの、攻防力が底上げされたり覚醒前のカードの能力値を一部引き継ぐことが可能なので、最終的に非常に強力なカードになるぞ!

その他、覚醒段階に応じて大狩猟バトルなどでの「コンボ数増加」や「スキルチャージ数増加」などの特典もあるため、覚醒カードをたくさん揃えることでバトルがどんどん有利になっていくぞ!

同じカードが揃ったら積極的に覚醒させていこう!

 

 

カード4枚分で覚醒を行うと4段階目で大覚醒!

レアリティアップにともないハンターの装備や表情などの絵柄が変化してよりゴージャスに!

お気に入りのハンターカードを覚醒させて、より豪華で美麗な真の力を発揮させよう!

 

 

ゲーム開始時には新米ハンターのプレイヤー応援キャンペーンとして、ビンゴミッションと7日間のログイン継続で貴重なHRランクのハンターカードを4枚ゲットできる大チャンスがあるぞ!

つまり、大覚醒してHRランクをさらにSRランクにできる超強力なカードをゲット可能!

序盤の攻略にSRカードはとても強力なカードなので、是非4枚集めて大覚醒させよう!

 

 

ハンターカードのレベルを上げて、覚醒カードが揃ってきたらモンハン大狩猟クエストの最大の醍醐味【大狩猟バトル】に挑戦してみよう!

大狩猟バトルは非常に強力なモンスターを狩猟するためギルドの仲間と力を合わせて立ち向かう、文字通り一筋縄ではいかない【大】狩猟だ!

強力モンスターの討伐に成功すればモンハン最大の醍醐味「剥ぎ取りチャレンジ」が発生!

レア素材をゲットできる超ビッグチャンスも待っているのだ!

次回は、大狩猟バトルの攻略について解説していくぞ!


※Google Playに移動します。

 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連ニュース

この記事を
シェアする!